リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
お役立ちコラム

木材の腐敗は建物寿命の危機を招く!?
原因となる「腐朽菌」とは?

老朽化している自宅の危険性

木材が腐ってしまう原因は?

木造住宅の天敵というと、何を思い浮かべるでしょうか。柱に住み着くシロアリ?それとも湿気によるカビ?いずれも確かに木材の腐敗を招くことにはなりますが、実はそれらは、本当の原因ではないことをご存知でしょうか?家屋の損傷を招く一番の原因は、実はある菌の存在によるものなのです。

「木材腐朽菌」は木材腐敗の天敵

家を支える木材を腐らせてしまうのは、腐朽菌という菌が繁殖してしまうからです。シロアリやバクテリア、カビなど、いろいろな存在が思い浮かびがちですが、この腐朽菌こそが、木材を腐らせてしまう原因です。

腐朽菌は木材のなかに含まれるリグニン、セルロース、ヘミセルロース、といった成分を餌に繁殖します。家屋の損傷にかかわる腐朽菌は、基本的に「白色腐朽菌」と「褐色腐朽菌」の2種類です。それぞれ木材腐朽菌と呼ばれる菌の仲間です。

木材の表面が白っぽい色になって腐っていたら、2つの腐朽菌のうち、白色腐朽菌が繁殖しているサインです。また、木材がバラバラに砕けていたり、細かく割れている場合は、そこに褐色腐朽菌が繁殖している可能性が高いといえます。いずれも放置することで、家屋の損傷を招き、建物の寿命を短くさせてしまいます。

腐朽菌が家屋の木材に繁殖することで、同時に共存関係にあるカビも繁殖し、シロアリの好む住処にもなっていきます。木材の腐敗でよく耳にするシロアリやカビが危険だと言われているのはすべて、腐朽菌の繁殖が関係しています。

腐った木材

腐朽菌はどうやって生まれる?

放置すると最悪、家屋の損傷・倒壊を招く木材の腐敗。そのような木材の天敵である腐朽菌ですが、繁殖するにはいくつかの要因があります。

一般的に空中に飛び回る腐朽菌が木材に定着し、腐朽させていくきっかけの多くは、木材の含水や湿度によるものです。そのほか、気温や酸素などの条件を満たすことで、腐朽菌が繁殖していきます。なぜ含水や湿度が原因であるかをイメージしにくいので、腐朽菌を定着させてしまう、代表的な例をご紹介します。

屋根の漏水

住宅 屋根

家がもっとも雨を受けやすいのは言うまでもなく屋根です。建築当時は防水加工などのコーティングがしてあっても、築年数が経つごとに劣化してきます。雨を受ける屋根部分の木材は、特に水分を含みやすく、腐朽菌を繁殖させる環境を整えやすい場所といえます。シロアリやカビと同じく、雨漏りが木材の腐敗に危険だと言われている主な理由は、雨漏りによって腐朽菌が繁殖してしまう為になります。

外壁からの漏水

外壁

同じような理由で、屋根以外の外壁や窓周りが水分を含むこともあります。建築時にただちに漏水が起こるわけではありませんが、築年数が経つごとに防水加工も機能を失い、漏水を招くこともあります。漏水は腐朽菌を繁殖させる、とくに大きな要因の1つです。

結露による内部の浸水

窓 結露

家の内部と外との温度差で水滴が窓につく結露ですが、この結露も腐朽菌を繁殖させてしまう原因になります。冬場などで窓に付着した水滴が落ちていき、床近くの窓枠が浸水していきます。木材を腐らせないためには、外壁や屋根といった外側の防水加工だけでなく、内部の浸水処理も欠かせません。

どんなところが腐る?木材が腐敗するとどうなる?

木材の腐敗は、住宅にさまざまな悪影響を与えます。実際にどのような場所が腐りやすいのか、どのような影響がでるのかを、順番に紹介していきましょう。

腐る場所

一般住宅のなかで木材が腐る場所は限られていて、大まかに以下の3つが考えられます。

  1. 屋根部分
  2. 床下の土台
  3. 窓の周り

浸水や漏水が起こりやすく、含水した木材も乾きにくい場所であるため、腐朽菌が繁殖し、木材を腐らせてしまいます。しかもほとんどが、目につきにくいという共通点があり、普段住んでいるなかでは、気づきにくい場所である事も難点です。目につかず気づくころには木材がボロボロになっていて、補修費も高くついてしまう、というケースも少なくありません。 ​

住居の影響

木材の腐敗を放置すると、当然、家屋にはさまざまな悪影響がでてきます。大きな被害として、1つめはやはり、建物自体の寿命が早くなってしまうことです。木材が腐ることで、家全体の木材の重量が下がり、強度も弱くなってしまいます。木材の腐敗による建物の寿命が短くなるということは、耐震性や耐風性に問題がでてくることを意味しています。
腐朽菌が床下で繁殖すれば、土台が腐ることで、耐震性が低下してしまいます。安全だと思っていた我が家でも、いざ地震が起きたときには倒壊してしまう可能性もあります。腐りやすい屋根部分では、放置してしまうと耐風性に問題がでてきます。台風などの強い風にあおられて、屋根が吹き飛んでしまう可能性もあります。

腐らせないためのどんな予防対策ができる?

目に見えないからといって、被害が起きていないわけではありません。気づかないところで木材が腐敗してしまい、手遅れにならないためにも、できる限りの防水対策が必要です。以下、代表的な予防対策を紹介します。

浸水(雨漏りなど)を防ぐ

腐朽菌を繁殖させる水分自体を防ぐという方法です。専門業者に住宅診断をしてもらい、必要な箇所を修繕・防腐処理してもらいます。一般的な目安として、築年数が5年経ったあたりから、定期的なメンテナンスを行うことをおすすめします。

換気を行う

木材が水分を含み続けてしまうことで、腐朽菌は繁殖していきます。逆に言うと、腐朽菌の天敵は乾燥ということになります。湿気のこもりやすい場所を見つけたら、定期的に換気・通気を行うことも、木材の腐食対策の1つです。

断熱構造を変える(新築の場合)

新築の場合であれば、自力での換気が簡単にできない場所、たとえば床下であれば、断熱処理などを施して土台周りの湿気対策自体を変えてしまうことで、予防対策する方法があります。基礎断熱(外気に面する基礎で断熱する方法)を取り入れることによって結露による吸水を抑えることができます。床下・土台に限らず、外壁や屋根など水を通しくい構造にリフォームするのも効果的です。

いざというとき木材の腐敗で慌てないために

木材を腐敗させる腐朽菌について、紹介してきました。腐朽菌の繁殖によって木材が腐敗すると、家屋にさまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。また、一度腐り始めた木材は、水分をさらに吸収しやすく、加速度的に腐朽菌も繁殖していきます。

木材を腐敗させないための対策の考え方は、腐朽菌を繁殖させる環境(条件)をつくらないことです。特に湿気、水分には十分注意したいところです。一般的に腐朽菌は、以下のような条件がそろうと繁殖しやすいといわれています。

湿度
85%以上
気温
20~32℃
木材の含水率
20%

とはいえ数値ではわかっていても、建物の構造内にある木材だと、普段の生活では目につきづらく、腐敗しているかどうかの判断も難しいのが現実です。木材が腐敗しているかどうかのチェックは、中古住宅を対象としたホームインスペクション(住宅診断)を利用するという方法があります。

腐敗があればもちろん修繕のために業者に依頼する必要がありますが、長く住み続けるためには、事前に腐敗させないための対策・診断も同じくらい大切です。ホームインスペクション(住宅診断)を利用する等、定期的なメンテナンスを行うことをおすすめします。

BXゆとりフォームの補修・修繕サポート

BXゆとりフォームでは、外壁・屋根などの修繕・リフォームを行っています。結露、雨漏り対策から腐食の補修まで、丁寧なサポートを行っており、下記サイトページでは具体的な補修事例とともにサービスを紹介しております。ぜひチェックしてみてください。

リフォームの無料お見積りは

顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
  • 素早く対応いたします

    17時までのお電話で60分以内にお宅訪問も可能!お客様の「困った」 「どうしよう」に、経験豊富なリフォームアドバイザーがお応えします。

  • コミュニケーションを大切にします

    私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、気持ちよくお付き合いいただける間柄を目指します。
    親身になってよく考え、感動のリフォームをご提供いたします。

お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム