リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
お役立ちコラム

リフォームっていつするべき?築年数ごとにチェックするべき補修箇所を紹介!

一部分リフォームと総合リフォームの違い

あなたの家の築年数は?リフォームするべき補修箇所の見つけ方

一口にリフォームといっても、その内容は多岐にわたります。外壁のクリーニングや、屋根や床下、土台の補修、水回りの交換、壁紙の張替えなど。それらに目安となるメンテナンスの時期があることをご存知でしょうか?

今回は、家の築年数ごとにわけて、家のどのような部分が傷んでくるのか、傷んだ部分に対してどのような補修が必要なのかを紹介します。築年数ごとのチェックポイントを知っておき、傷む前に対処していくことで、より長く、快適な住まいを維持できます。築年数ごとのチェックポイントを紹介していきます。

住宅 メンテナンス

築5年までの場合

新築から築5年までの、比較的新しい家では基本的に、土台や屋根の補修といった大規模な修繕は必要ありません。家に傷みが少ない状態な為、傷みの修繕ではない家の内側の壁紙張替え、家の外側では外壁の壁補修と色替えなどを検討してみてもよいかもしれません。

また、コンロや換気扇等の機器の使用状況によって傷んでしまっている場合もあるので、何かリフォームの際にでも機器のチェックをすることをおすすめます。給湯器や玄関や浴室のドア、天井の汚れも気になってくる時期にあたります。使う分には不自由しないものの、きれいに保っておくことで、設備の寿命も長持ちします。

【おすすめリフォーム】
  • 壁紙の張替え
  • 外壁の塗装(色変え)
  • 玄関ドア、浴室ドア、天井の汚れのクリーニング

築10年までの場合

築10年頃になってくると、外壁の汚れや傷みが目立ち始める時期です。外壁塗装・補修の検討をおすすめします。また、築5年の頃にはなかった壁紙の汚れや傷みも現れ、張替え時期となっていきます。

加えて、家の中でも使用頻度の高い浴室やトイレ、キッチンなどの水回り機器に故障が出始める時期でもあります。キッチンでは、コンロ単品での交換、水栓単品での交換等が該当します。築5年頃と同様、土台を補修するなどの大規模な修繕の時期ではないものの、やはりメンテナンスをしていくことをおすすめします。傷みも小さいうちに補修することで、のちの大きなダメージを防ぐことができます。

【おすすめリフォーム】
  • 壁紙のクリーニング
  • 外壁のクリーニング
  • 浴室、トイレ、キッチンなど水回りの点検・補修

築15年までの場合

築15年頃になると、普段の生活では見えない部分が傷むようになっていきます。新築から暮らしていた方にとっては初めての大規模修繕がこの時期にあたるかもしれません。

床下の土台や、漏水・雨漏りを防ぐ屋根の補修が必要かどうかのメンテナンスを行い、必要であればリフォームを行います。屋根部分は、色のバラつき、ヒビ割れ、金属部分の腐食といった傷みがあれば補修の時期となります。屋根部分の補修を放置してしまうと、塗装だけではなく、より大がかりなリフォームである屋根張替えを行う必要がでてくる場合もあります。

普段の生活で見えない部分のメンテナンスは、自分ではなかなかできないところです。そのような場合は、中古住宅等の売買で使われているホームインスペクション(住宅診断)を行うことで、耐震性などの家の強度を知ることができるほか、家のどこに傷みがあるかを細かく把握することができます。

長く暮らせる住まいにするためには、木造住宅の場合は土台や柱に使われる木材の腐敗、シロアリの対策等のメンテナンスも必要になります。

【おすすめリフォーム】
  • 屋根の補修、修繕
  • 土台の補修
  • 柱の補修

築20年までの場合

築15年と同様、建物の見えない部分(屋根や柱、土台)などの補修を検討する時期にあたります。基礎部分の補修はもちろん、キッチン回りの設備の見直し、排水管などのサビの有無はぜひチェックしたいところです。前回の水回りのメンテナンスから10年経っている場合も、再度のメンテナンスの時期となります。

特に水回りの支障は、実生活にも影響を及ぼします。古い住宅では、浴室にタイルを使っているところもあります。タイルのヒビ割れから水が漏れて、床に染み込んでしまい、土台部分などの見えないところでシロアリが発生してしまっているケースもあります。

それから、意外と見過ごされがちなのが、窓回りの補修です。サッシがスムーズに動かせない、結露がよく発生する、窓枠にシミができている、といった傷みが現れるのも築20年頃といわれています。特に窓の結露は、窓枠に落ちたとき、水分がそのまま建物内に染み込んでしまうため、木材の腐敗につながることもあります。

この時期まで家をメンテナンスなしで放置してしまうと、建物の寿命を縮めることにもつながります。いざメンテナンスを行うと、予想以上に補修するべき場所が見つかって、リフォームの予算を超えてしまうということもあるので注意が必要です。リフォームの箇所が多くなれば、それだけ工事期間も延びてしまいます。仮住まいや引っ越し先を用意することにもつながなるので、注意が必要です。

【おすすめリフォーム】
  • 屋根の補修、修繕
  • 土台の補修
  • 柱の補修
  • 窓回りの修繕、結露対策

築30年までの場合

木造住宅の場合は、一般的にリフォーム無しで問題なく暮らせる限界の年数が30年といわれています。ただ、この築年数まで一度も修繕・リフォームなしの状態でいざリフォームを行うとなると、柱や土台といった大規模な修繕は必至となる場合もあります。

また、家の傷みのほかにも、築30年という期間は、家族が増える、もしくは子どもが自立して家をでていくなど、家での生活スタイルが大きく変わる時期でもあります。この時期になると、住宅内の間取り変更といった、根本的な部分のリフォームの検討もおすすめします。

子ども部屋をつくる、バリアフリー設備を新たに設置する、二世帯住宅に間取りを変える、などが一般的な例です。年を重ねるごとに理想の間取り、設備は変化していきます。新築からずっと住み続けて築30年が経った場合は、そのような生活スタイルを見つめなおしてみてもよいかもしれません。

【おすすめリフォーム】
  • 間取り変更(フルリフォーム)
  • 屋根の補修、修繕
  • 土台の補修
  • 柱の補修

定期的なメンテナンスとリフォームを

いざリフォームを始めようとしても、直したいところ、変えたいところがありすぎて、予算を超えてしまう、なんていうのはよくあることです。築年数ごとの家の中のチェックポイントを理解しておけば、無理なくリフォーム・補修を行うことができるはずです。

ただ、周囲の環境や暮らし方など、家によって状態は変わります。決められた修繕時期というものはなく、ご紹介した築年数ごとのポイントも、あくまで目安となるので、築年数が浅い場合でも、住宅診断の利用など、メンテナンスを行うことをおすすめします。

住宅 診断

BXゆとりフォームのサービス

BXゆとリフォームでは、壁紙の張替えや屋根や土台の修繕、外壁の補修まで、多岐にわたるリフォームサービスを行っています。適切なリフォーム時期の相談なども丁寧に対応しているので、迷っている方は、一度相談してみてください。

(BXゆとりフォームの情報はこちら↓)
https://www.yutoriform.com/
「BXゆとりフォーム 公式ホームページ

リフォームの無料お見積りは

顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
  • 素早く対応いたします

    17時までのお電話で60分以内にお宅訪問も可能!お客様の「困った」 「どうしよう」に、経験豊富なリフォームアドバイザーがお応えします。

  • コミュニケーションを大切にします

    私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、気持ちよくお付き合いいただける間柄を目指します。
    親身になってよく考え、感動のリフォームをご提供いたします。

お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム