リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

TOTO TOCLAS 暮らしのゆとり応援キャンペーン 2020年8月1日〜11月30日ご成約分まで
お役立ちコラム

マンションリフォームの気になる疑問を解消!どこまでリフォームできるの?

マンションリフォームの注意点

マンションリフォームの範囲とは?

マンション

マンションをリフォームするうえで、多くの方が気にされているのは「どこまでリフォームが可能なのか」ということではないでしょうか?マンション内は、ほかの居住者と共同で使用する「共用部分」と、自分で所有する「専有部分」に分けられています。
リフォームができるのは、このうちの専有部分のみです。

しかし、どこからが共用部分でどこからが専有部分と定めているかは、住んでいるマンションによっても異なります。多くの居住者が使用するマンションでは、管理規約と呼ばれる、住人が守るべきルールが存在します。リフォームの可能範囲も、通常、この管理規約のなかに記述されています。

リフォームできる場所(専有部分)

一般的にリフォームできる部分とされているのは、以下のようなスペースとなります。

  • 所有している部屋の内壁
  • 天井の表面
  • 床の表面
  • 間仕切り壁
  • 玄関ドアの部屋側表面

部屋の壁紙クロス張り替え、床や天井の張り替え、間取りの変更といったリフォームをすることができます。玄関ドアは共用部分である廊下と接しているため外側のリフォームはできませんが、専有部分(部屋内)の内側に関しては、塗装等を行うことができます。

また、マンションによっては窓周りの機能修繕も可能です。専有部分でのリフォームとして代表的なものは、キッチンの交換、洗面台やユニットバスの交換、壁紙クロス張り替え、床フローリング張替え等が挙げられます。

リフォームができない場所(共用部分)

リフォームをすることができない共用部分は、以下のようなスペースを指します。

  • エントランス
  • エレベーター
  • 廊下
  • 外壁
  • ベランダ(バルコニー)
  • マンション構造内部
  • 配管(パイプスペース)

マンションの構造内部とは、壁の内側、天井の内部、コンクリートでできた壁等を指します。住戸内の天井や床下を通る配管も共用部分にあたり、場合によっては水回りのリフォームができないことがあります。

意外と知られていないのが、ベランダ(バルコニー)も共用部分にあたるということです。普段は自分の専有部分として使用することができますが、災害時等には避難通路としても使われるので、ベランダと、そこに接する窓の外側の面は共用部分扱いとなります。

マンションのリフォームを行う前に確認するべきことは?

間取り図と工具

マンションのリフォームでは、たとえ専有部分であっても、場合によってはリフォームができないケースもあります。実際にリフォームを行う際の注意点と、具体的にどこまで可能なのかを紹介していきます。

間取り変更について

専有部分である部屋内部の間取り変更では、部屋を仕切る薄い壁を撤去、もしくは移動させることが可能です。しかし、隣室との間を仕切るコンクリートの壁や柱といった、マンションの構造にかかわる部分は、専有部分であったとしても、間取り変更を行うことはできません。

マンションの構造として一般的に使われているのは、柱と梁を一体化し骨組みを作る「ラーメン構造」と、柱がなく壁と床のみで接合される「壁式構造」の2つがあります。このうち、壁式構造のマンションでは壁の移動はできないので、自分の住んでいるマンションの構造を一度管理会社に確認することをおすすめします。

水回りの変更について

水回りのリフォームの際は、排水管の移動も含めると、床下にある程度のスペースが必要になります。工事の仕様上、場合によっては排水管の移動ができないこともあります。浴室やキッチンの場所を変更したいときは、一度管理規約や建物竣工時の図面の確認をしましょう。

防犯や断熱リフォームについて

断熱を目的とした床材の変更は、マンションによってはできない可能性もあります。床材を替えることで階下の住人とのトラブルを生む可能性があるため、防音の観点から、管理規約として変更ができなくなっていることがあるのです。

一方で、外部のサッシは本来、共有部分にあたるため基本的にリフォームはできませんでしたが、平成16年の標準管理規約の変更により、ガラスのみの交換であれば可能になりました。住まいをより快適にするために断熱仕様のガラスにしたり、低層階であれば防犯用のガラスに変更したりするケースが増えています。

電気設備の変更について

今使っている電気容量をさらに増やしたいという場合、通常は電気容量を増やすための設備の変更を考えます。ただしマンションによっては各住戸への電気容量が決められており、変更ができないこともあります。

まずは管理規約の確認を

検討しているリフォームが可能かどうか不安がある場合は、住んでいるマンションの管理規約を確認するようにしましょう。ガラスの交換といった小さなリフォームでも、管理組合に事前に相談しておくことで、思わぬトラブルを避けることにも繋がります。

マンションのリフォームを行う前にやるべきことは?

部屋で悩む夫婦

マンションでリフォームを行う際は、以下の4つを忘れずに行いましょう。

管理組合に連絡

マンションでリフォームを行う際は、管理組合に事前に連絡・相談が必要です。管理組合に届け出を行い、承認を得ることで、ようやくリフォームに移ることができます。

工事日程(スケジュール)の確認

管理組合への届け出のためや、工事が大規模になる際は仮住まいを用意する必要があるため、行われる工事の日程や期間がどれくらいの長さなのかは、あらかじめ把握しておかなければいけません。リフォームを行う際は、費用だけでなく、工事日程の確認も大事な手順の1つといえます。

リフォーム前の片付けと準備

リフォーム前には該当箇所の片付け、荷物の移動準備を行います。荷物が多くなる場合はトランクルームや貸倉庫の活用も視野にいれましょう。工事の規模によって仮住まいが必要な場合は、その引っ越しの準備も必要になります。

近隣への挨拶

マンションでリフォームを行う際に最も大切なことが、近隣への挨拶です。後でトラブルにならないようにするためにも、必ず近隣への挨拶をしておくことをおすすめします。上下左右の部屋にいる方への挨拶が基本的です。 また、挨拶の際は工事がどのくらいの期間行われるか、いつ終わるかも伝えておくと親切です。

安心してリフォームするために

多くの人と居住空間を共にするマンションでは、リフォームが可能な範囲があることをお伝えしてきました。マンションのリフォームをするうえでは、管理規約の確認のほか、信頼できるリフォーム会社を選ぶことが大切です。

BXゆとりフォームでは、部分リフォームから全面改装まで幅広く対応しています。リフォームを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

リフォームの無料お見積りは

顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
  • 素早く対応いたします

    16時までのお電話で60分以内にお宅訪問も可能!お客様の「困った」 「どうしよう」に、経験豊富なリフォームアドバイザーがお応えします。

  • コミュニケーションを大切にします

    私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、気持ちよくお付き合いいただける間柄を目指します。
    親身になってよく考え、感動のリフォームをご提供いたします。

お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム