リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

TOTO TOCLAS 暮らしのゆとり応援キャンペーン 2020年8月1日〜11月30日ご成約分まで
[内装(和室)リフォーム] 施工事例 - 04

茶室・正式な作法のお点前を追求し指導の為に増築

内装リフォームのきっかけ
初心者を指導するには狭く、人数も限られてしまう

※クリックすると拡大表示されます

リフォームメモ
内  容 茶室/増築/造園/屋根/建具
建物形態 木造2階建/築8年
家族構成 ご夫婦
工  期 40日
費  用 580万円
施  主 千葉県習志野市 Y 邸

リフォームのポイント

Beforeリフォーム前

以前は本格的な3畳台目の茶室

Afterリフォーム後

お作法を指導するには3畳では難しく、4.5畳に広げる増築工事でした

Beforeリフォーム前

間接照明は以前からのものを活かした形で

Afterリフォーム後

所作の時、じゅらくの壁で着物の帯が傷つかないよう 点前座と客側にも腰張を施しました。窓は立ち上がりをなくし、掃き出し窓に変更

Beforeリフォーム前

Afterリフォーム後

水屋も奥行きが広がり、収納棚もご要望に合わせて1つずつ造作。

増築部分の濡縁を母屋側とつなげることで、腰掛け待合いとした

案内の合図により、枝折戸(しおりど)を開け、つくばいを使用して手や口を清めてからにじり口へ向かいます。

中庭は造園も含めた二重露地を希望されていました

四季のうつろい。雪景色にも風情が感じられ露地となった

茶室増築の前にご依頼いただいたフェンス

Beforeリフォーム前
Afterリフォーム後

1つの玄関から左右に分かれる木造2階建の二世帯住宅。その中央に平屋の茶室があります。水屋を含め、茶室を3畳から4.5畳へ広げる増築工事と造園の依頼(黄色の部分)でした。母屋の濡れ縁などはそのまま活かしました

リフォームを終えて

リフォームアドバイザーからのコメント

増築に伴い、濡縁を母屋につなげることにより、腰掛け待合い兼給仕口を設け、中庭も二重露地をつくりました。天井高の確保や間接照明、空調など、細部にまで気を配り、かけるところには十分費用を使いましたが、既存材も最大限活用しました。
 お越しになったお客様とも心の交流ができるようになったと好評です。半畳3歩1畳6歩といった作法のお茶会で、おもてなしができるようになったと、渡邊様にも満足していただけました。私も勉強することが多く、すばらしい経験をさせていただきました。

お客様からのコメント

現状の3畳台目(※)ではお点前が複雑なため、初心者の方を指導するには無理がありました。そのため、最低でも4.5畳を希望していました。
 日本全国の茶室を見て来たつもりでしたが、自宅の茶室の増築となると知らないことばかり。以前、フェンスの工事でお世話になった雨宮さんに相談しながら、半年以上構想を重ね、私もずいぶん多くの本を読みました。新築時に建築家の先生に任せっきりだったのとは違って、造詣も深まり、愛着もひとしおの空間となりました。日々、眺めては「この機会に増築して本当によかった」と感じています。
 ※台目(だいめ)とは、茶室の畳で一般の畳サイズの4分の3の大きさの変形畳のこと

お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
  • リフォームメニュー
  • 施工事例
  • メール
  • 通話無料