リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

[キッチン] 施工事例 - 04

抜けそうだったキッチンの床を耐久性のあるコルクタイルに貼り替え!

リフォームのきっかけ
両親が建てた家だったので、調理台が低く床も抜けそうでした

※クリックすると拡大表示されます

リフォームメモ
内  容 キッチン/トイレ/浴室/内装/廊下/配管工事
建物形態 木造2階建
工  期 1ヶ月
費  用 800万円
施  主 神奈川県川崎市 K 邸

リフォームのポイント

Beforeリフォーム前

キッチンで一番気になっていたのは床の傷みだそうです

Afterリフォーム後

厚み7mmのコルクタイルで、耐久性抜群のものをご提案

Beforeリフォーム前

真壁(柱の見える和風建築)から大壁に変更

Afterリフォーム後

キッチン横の勝手口を塞いでトイレとしました。奥は洗面・脱衣室と浴室

Beforeリフォーム前

和式トイレから腰掛便器として、位置も変更しました

Afterリフォーム後

以前は和室の廊下奥にトイレがありましたが、水廻りを1ヵ所に集中させました

Beforeリフォーム前

洗面・脱衣、洗濯機置場

Afterリフォーム後

部屋全体も明るく清潔感のあるものとなりました

Beforeリフォーム前

扇形の浴槽はオリジナリティあふれるタイル貼り

Afterリフォーム後

冬でも断熱性に優れたユニットバスに換え、掃除もラクになったとのこと

Beforeリフォーム前

和室の客間側(廊下)奥にトイレがありました

Afterリフォーム後

トイレをキッチンと浴室の間に移し、廊下の奥は物入に変更

リフォームを終えて

K様からいただいたご感想

キッチンは作業台が低く、通路になっている部分の床が抜けそうでした。浴室は冬寒く、掃除が大変だったこともあって、扇形の浴槽には思い出がありましたが、水まわり全体のリフォームをお願いしました。キッチンはワークトップの高さによって、使いやすく効率が良くなることを実感。キッチンの上などに"ちょい置き"のつもりが、ずーっと山積み状態といったことにならないよう、維持していきたいと思ってます。

リフォームアドバイザーからのコメント

水まわりの中でもトイレだけが離れた場所にあり、そのまま洋式便器に交換しても狭いため、勝手口をふさいでスペースを確保し、トイレを移動新設しました。水まわりを集中させることで、排水の配管を新しくすることも可能に。ご親戚に車椅子を使う方がいらっしゃるため、キッチンと廊下の床には厚みが7mmのコルクタイルをご提案しました。単価はフローリングより高いのですが、耐久性に優れ、見た目も肌触りも良いので、気に入っていただきました。

このリフォームで使用した商品

  • キッチン/TOTO(レガセス)
  • ユニットバス/TOTO(サザナ)
  • トイレ便器/TOTO(レストパル)
  • 洗面化粧台/TOTO(オクターブ)
  • 室内建具/パナソニック電工

※上記の商品・事例の費用は施工当時のものです

お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 通話する
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム