リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで

輝かしい優れたゆとりの生活

輝かしい優れたゆとりの生活

  • コラム
2020年01月15日

システムキッチン等の住宅設備機器メーカー「トクラス」はYAMAHAから独立

住宅設備機器のメーカー「トクラス」をご存じでしょうか。
トクラス株式会社(英: TOCLAS CORPORATION)は主にシステムキッチンやシステムバスなどの住宅機器を製造するメーカーです。
人造大理石のキッチンカウンターで有名なトクラスは、弊社でもトクラスのキッチン・ユニットバスのキャンペーンを実施させていただいており、いつもお世話になっております。

弊社ではキッチンの取り扱いが多く、キッチンの一大メーカーの認識が強いですが、浴室においてもメジャーなメーカーです。
実際はどのようなメーカーなのでしょうか。


トクラスの前身は、楽器メーカーで世界的に有名なヤマハ(YAMAHA)の家具・住宅設備部門になります。
その住宅設備部門が、ヤマハリビングテック株式会社となり、2013年にトクラス株式会社として社名変更しました。

元々ヤマハ株式会社は、日本楽器製造株式会社として明治30年に創業しています(元々はオルガンの修理からはじまっています)。
今でこそ、世界の楽器メーカーとしての一面がありますが、楽器作りには、木材加工が必要な事から、大正から1990年代後半まで家具を製造していました。
音を響かせるための響板の製造の木工技術、湿度や温度の変化にも対応できる技術が発展、あわせて素材加工、表面塗装などの技術もあわせて進化していきます。

また、1931年には、現在でもテレビ、インターネットで放映されている「国会中継」でおなじみの貴族院(現参議院)議事堂(現在の参議院本会議場)の内装工事も手掛けております。

貴族院(現参議院)講事堂を内装工事


その技術が、キッチン等の住宅設備機器に活かされています。

一方で、アーチェリーの弓の素材であったFRPを開発するようになり、それが船体を作る技術につながります。
さらにその技術を応用し、今のユニットバスに主流である、FRP素材のバスタブにつながっています。

そして、トクラスといえば、人造大理石のカウンターがメジャーですが、素材開発技術の発展によって、1976年に国産初の人造大理石カウンターのシステムキッチンを発売しました。
現在のシステムキッチンの潮流を生み出しています。

新宿のトクラスショールームの2階にトクラスの歴史を展示しているコーナーがあります。



トクラスのキッチンや浴室、洗面台を選ぶ際には、一度ヤマハ~トクラスの歴史をみるとその技術力を確認する事ができます。おすすめです。
※トクラス株式会社様の許可を得て撮影ました。写真提供:トクラス株式会社

---
BXゆとりフォームのホームページでのトクラス掲載商品
システムキッチン
トクラス ベリー
トクラス Bb

ユニットバス
トクラス YUNO(ユーノ)
トクラス VITAR(ヴィタール)

---
参考サイト:トクラス株式会社 ブランドスローガン
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム