リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

水まわりさわやか!リフォーム応援キャンペーン 浴室・キッチン 2021年4月1日~6月30日ご成約分まで
洗面台(洗面化粧台)のリフォーム・交換 コラム 15
暮らしの中の洗面台
洗面台の収納を上手に活用する方法~湿気対策のアイディア~ 洗面台では、歯ブラシや、カミソリ、タオル、ドライヤーなど、主に身支度を整えるために様々なものを使用します。収納を上手に活用できれば、洗面台はすっきりとまとまります。乱雑な洗面所になってしまわないように、本記事では、洗面台の収納の活用方法について解説します。また、それと同時に水まわりの悩みの種である湿気の対策についても、解説していきます。 お見積り・お問合せはこちら

洗面台の収納を工夫する意義

洗面台には、たくさんのものが置かれます。
家族で住んでいる場合は、その人数分の歯ブラシや洗顔用品、タオルなどがあります。また、男性の場合は髭剃り、女性の場合は化粧水などのスキンケア用品などもよく置かれています。洗面台で髪を乾かしたり整えたりする場合にドライヤーなどを置く家もあります。
置くスペースが限られているのに、人数が増えるとそれだけ物が増えていきます。そのため、乱雑になってしまうことが多いのです。
また、洗面台に物が多いと湿気の逃げ道がふさがれてしまい、カビなども生えやすくなります。
このような事態を防いで衛生的な環境にするために、洗面台の収納は工夫する必要があります。

洗面台の収納を上手く使うコツ

洗面台の収納は、一度きれいに整頓してもすぐに乱れてしまうことがよくあります。なぜなら、場当たり的に収納していることがあるからです。その場限りの収納ではなく、きれいで清潔、利便性が高い状態が続くように収納するためには、どのような工夫が必要となるのか、解説します。

使用頻度を考える

洗面所に置かれているものは、それぞれ使用頻度が異なります。1日に何度も使うものと1日1回使用するもの、数日に1回使うものなどがあります。それらを同じようにしまっているのが、きれいに収納できない原因の一つです。
使用頻度が高いものは、扉や引き出しを開けて取り出すような場所にしまうのは効率が悪く、他のものと重なって散らかる原因にもなります。よく使うものは、見せる収納がおすすめです。

使う人で置く場所を分ける

洗面所に置かれているものの多くは、共用ではなく個人のものです。そのため、使用者によって置き場所を変更すると、使いやすく収納できます。
特に注意したいのが、大人と子どもの置き場所の違いです。小さなお子様がいる家庭では、子どもの目線で子どものものを収納するようにします。そして高い位置には、大人のものを収納するようにします。二人暮らしの場合は、収納場所を左右で分けるのもおすすめの方法です。

湿気・カビ対策をする

水まわりというのは、もともと湿気が多い場所です。特に洗面所は、浴室や洗濯機が隣接していることも多いため、水まわりが集中している場所でもあります。湿度が高い場所となることが多いので、収納グッズは湿気に強いものを選ぶ必要があります。
また、湿気を逃がすためにも収納スペースには適度な隙間が必要です。ものを詰め込まないように注意して、多くても8割程度までに抑えるのがコツです。

洗面台付近にあると便利な収納アイテム

洗面台についている収納だけでは、スペースが不足することもあります。しかし、その付近のスペースを有効活用できれば、収納スペースは広くなります。それだけではなく、使いやすさもアップして湿気対策にもつながります。

掛ける・吊るすアイテム

スプレーボトルなどは、取っ手を掛けるようにして収納すると、壁面を活用して収納できます。壁面に掛けるところがなくても、突っ張り棒を活用するとS字フックをかけることができるので、それを利用して吊るすと、スペースが無駄になりません。

バスケットを利用する

バスケットなどを利用すると、細かいものもまとめて収納でき、人目につかないようにしておきたいものも隠すことができ便利です。特に、プラスチックやスチール製のバスケットは、湿気に強いためカビにくく、洗濯物を入れるのにおすすめです。
また、小型のかごやファイルボックスなどを利用すると、洗面台の下の収納をすっきりとまとめることができます。

洗濯機の上のスペースを有効活用する

洗濯機の上に棚がない場合、ランドリーラックなどを設置するのがおすすめです。デッドスペースになりやすい場所ですが、しっかりと活用すると収納スペースを増やすことができます。空間は平面ではなく、立体として考え有効活用するのがおすすめです。

洗面台を機能的に使いたい方は

様々な工夫をして、洗面台をある程度快適にすることはできます。
しかし、元々のつくりがあまり機能的ではない洗面台の場合、快適に使用できないこともあります。
元のつくりを見直し、洗面台を快適に使用したいのであれば、リフォーム会社に相談するのが一番です。BXゆとりフォームのリフォームアドバイザーが、今まで数々手がけてきた経験から最良のプランをご提案させていただきます。

今回のチェックポイント

  • 洗面台の収納は、家族が多いとスペースが不足しやすい
  • 物が多いと、湿気がたまりやすい
  • 使用頻度や使う人のことを考えて、収納場所を決める
  • 収納は、壁に掛けたりデッドスペースを活用したりして増やすことができる
  • 機能性を高めて快適に使用したい場合は、リフォームがおすすめ
  • リフォームを考える場合は、リフォーム会社に相談しよう


洗面台(洗面化粧台)の交換・リフォームの無料見積りは
  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム