リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

水まわりさわやか!リフォーム応援キャンペーン 浴室・キッチン 2021年4月1日~6月30日ご成約分まで
洗面台(洗面化粧台)のリフォーム・交換 コラム 16
暮らしの中の洗面台
独立洗面台のメリット・デメリット~こんな人におすすめします~ 洗面台には、いくつかの種類があります。その中でも、こだわりを楽しむ方が多いのが独立洗面台です。独立洗面台には、いくつかのメリットとデメリットがあります。その詳しい内容と、どのような方におすすめなのか併せてご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

独立洗面台とは

独立洗面台というのは、トイレや浴室とは別になっている、独立して設置されている洗面台のことをいいます。お風呂と洗面台が一緒になっている場合は「2点ユニットバス」、お風呂と洗面台、さらにトイレが一緒になっている場合は「3点ユニットバス」という扱いになります。

まずは、独立洗面台のメリット・デメリットについてご紹介します。

独立洗面台のメリット

独立洗面台のメリットは、まず収納スペースが多いことです。洗面ボウルの下には収納スペースがあり、鏡の周りには棚もあるため、洗顔用品や歯ブラシ、うがい用のコップ、整髪料、化粧道具などを置くことができます。また、タオルなどもしまうスペースを確保しやすいです。2点ユニットバスや3点ユニットバスの場合、収納スペースは別に作る必要があります。
また、お風呂やトイレと同じ場所で、歯磨きや洗顔をすることに抵抗がある方もいます。独立洗面台なら、お風呂やトイレなどがそれぞれ別の場所になるので、清潔感があり、メリットの一つと言えます。
電源のコンセントがあるというのも、人によっては大きなメリットとなります。2点ユニットバスや3点ユニットバスの場合、漏電の可能性があるのでコンセントは設置できません。独立洗面台ならその心配が無いため、ドライヤーなどが使いやすくなっています。
同居人がいる場合は、遠慮なく使用できるという点もメリットです。2点ユニットバスや3点ユニットバスの場合、シャワーやトイレを使用している人がいると、洗面台を使用しづらくなりますが、独立洗面台なら、その遠慮がいりません。
それ以外にも、お風呂を使った後でも湿気による不快感がないことや、鏡が大きく、湯気で曇ったりせず使いやすいというメリットもあります。

独立洗面台のデメリット

一方、デメリットもあります。独立洗面台の場合、2点ユニットバスや3点ユニットバスよりも掃除の手間が若干増えてしまいます。お風呂とまとめて洗うことができる2点ユニットバスや3点ユニットバスとは違い、独立洗面台は個別に掃除が必要になります。収納スペースも多いので、その分掃除する場所も増えます。カビが生えないように湿気対策も必要となります。
また、2点ユニットバスや3点ユニットバスと比較すると、設置する分のスペースが必要となり、若干ではありますが、居住スペースが狭くなることもあります。限られたスペースの中で、なるべく広い部屋がいい、という方にはデメリットになります。

独立洗面台をおすすめしたい方

独立洗面台をおすすめしたい方は、以下のような条件に当てはまる方です。その理由と併せて、ご紹介します。

同居人がいる方

同居人がいると、トイレや洗面所を使用するタイミングが被ることがあります。しかし、2点ユニットバスや3点ユニットバスの場合はただ被るだけではなく、片方がトイレで片方が洗面所を使用する場合でも、使いづらくなってしまいます。独立洗面台なら、その心配はありません。

一人暮らしでも来客が多い方

たとえ一人暮らしでも、来客が多いと同居人が多いのと同様に、トイレや洗面台の使用のタイミングが被ることがあります。そのため、被る可能性を低くするためにも、独立洗面台がおすすめです。

掃除が苦にならない方

3点ユニットバスの場合、トイレと洗面台、お風呂の3カ所が同じ場所にあるので、掃除もまとめてできます。しかし、独立洗面台の場合はそれぞれ別の場所になるので、掃除もそれぞれ行う必要があります。そのような掃除が苦にならない場合は、おすすめです。

化粧、髭剃りを洗面所で行いたい方

洗顔や歯磨きは、洗面所で行うのが一般的ですが、必ずしも水が必要ではない化粧や髭剃りは、洗面所で行うとは限りません。しかし中には、洗顔の流れでそのまま済ませたい方もいます。2点ユニットバスや3点ユニットバスは洗面台も小さくやりづらいこともありますが、独立洗面台なら十分なスペースがあり、必要なものを収納することもできます。

トイレや洗面の場所を分けたい方

2点ユニットバスや3点ユニットバスは、水まわりを一カ所に集中させるものです。しかし、生活をより便利で快適にしたいという方は、独立洗面台の方がおすすめです。

独立洗面台の優先度がそこまで高くない方

独立洗面台にあまりこだわる必要がないのは、例えば一人暮らしの方です。特に、洗面台にあまり置くものがない男性であれば、優先度は高くないという方がよく見られます。同様に、同居をしていても家にあまりいない方や、生活リズムがそれぞれ異なるという方も優先度は高くありません。
また、掃除については、トイレと洗面台、お風呂の3カ所が同じ場所があるユニットバスの方が楽と言えます。

より快適な暮らしを実現させたい方は

できるならばトイレ・バス・洗面台はそれぞれ独立しているタイプの方が、使いやすい傾向にあり、人気があります。初めは2点ユニットバスや3点ユニットバスでもいい、と思っていても、使ってみて不満が生じることもあります。
より快適な暮らしを実現させたい方は、リフォーム会社に相談することをおすすめします。
BXゆとりフォームなら、多くのリフォームを手掛けてきたリフォームアドバイザーが、お一人お一人にぴったりのプランをご案内させていただきます。

今回のチェックポイント

  • 独立洗面台は、お風呂やトイレと分けられている洗面所のこと
  • 独立洗面台には、メリットとデメリットがある
  • メリットは、収納スペースが多く、使いやすいことや清潔を保ちやすいことなど
  • デメリットは、掃除をする場所が増えることや、設置に必要なスペースが大きくなること
  • 同居人がいて、生活リズムが近い方には独立洗面台がおすすめ
  • 生活パターンがあまりかぶらない方や一人暮らしの方は、あまり気にする必要はない
  • 快適な空間づくりを目指すなら、リフォーム会社に相談するのがおすすめ


洗面台(洗面化粧台)の交換・リフォームの無料見積りは
  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム