リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
フローリング コラム 32
仕上げ・色・選び方
フローリングの張り替え工法や床材による仕上がりの違い 「張り替え工法」と「重ね張り工法」という代表的な2つのフローリング張り替え工法の違いと、使用するフローリング材の違いについてご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

フローリングの張り替え工法や床材による仕上がりの違い

フローリングの張り替えは、マンション・戸建てを問わず人気のリフォームのひとつです。張り替えの方法や使う床材(フローリング材)にはさまざまな種類があり、どれを選ぶかで、かかる費用や時間、仕上がりが変わってきます。

ここでは、「張り替え工法」と「重ね張り工法」という代表的な2つのフローリング張り替え工法の違いと、使用するフローリング材の違いについてご紹介します。

フローリングの張り替え工法は2種類

フローリングの張り替え工法には、「張り替え工法」と「重ね張り工法」の2種類があります。まずは、それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

張り替え工法

張り替え工法とは、その名のとおり、古いフローリングをはがして新しい物を張る方法です。
おもなメリットは、一度フローリングをすべて撤去するので下地の状態を確認でき、シロアリ被害や腐食などがあればすぐに対処できることと、張り替え後も床の高さが変わらないことです。また、新しくこれまでと違うフローリング材を張ることも可能です。
ただし、現在は「捨て貼り工法」という、床を支える骨組みである根太(ねだ)の上に合板を張り、その上にフローリングを張る方法が主流になっています。ですので、変える前のフローリングが合板を使わずに直接根太の上に張られていた場合(この工法を「根太工法」といいます)、捨て貼り工法によって、根太の上に張られた合板の分だけ、高さが変わってしまう場合があります。
デメリットは、フローリング材をすべてはがす手間がかかる分、そのための工費と時間がかかることです。
なお、下地材の劣化が激しい場合や、和室から洋室への変更で床の高さを調整する必要がある場合などは、下地の交換(もしくは取り付け)も必要になりますので、その分の時間と費用がさらにかかります。

重ね張り工法

重ね張り工法は、古いフローリングの上に新しいフローリング材を重ねて張る方法で、「レイヤー工法」とも呼ばれます。
古いフローリング材をはがす必要がない分、工事が簡単で廃材も少なく、費用を抑えやすいのがメリットです。フローリングが二重になる分、床も丈夫になります。 一方、デメリットは、床の水平がとれないことと、下地の状況を確認できないため腐食などがあっても発見しづらいことが挙げられます。床鳴りやきしみがある場合も、その原因が下地部分にある場合は、重ね張り工法では改善することはできません。また、新しく重ねたフローリング材の厚みの分だけ床の高さが上がってしまうため、床の高さに合わせて作られたクローゼットなどでは、扉の高さ調整が必要になることもあります。

張り替え工法と重ね張り工法、どちらを選べばいいかはケースバイケースです。張り替えする理由が、フローリングの傷や汚れの解消でということなら重ね張り工法が、きしみや沈みが気になるようなら、下地点検の意味を兼ねて張り替え工法がおすすめです。しかし、張り替え後にきしみや沈みが出てくる場合もありますので、一度専門業者に相談するなどして、専門家の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

「合板」と「無垢板」の違い

フローリング材に何を選ぶかは、張り替えの工法と並び、工事にかかる費用と時間を左右するポイントです。フローリング材の種類は大きく分けると、「合板(複合)フローリング」と「無垢フローリング」の2つがあり、それぞれ次のような特徴があります。

合板(複合)フローリング

合板(複合)フローリングとは、原木を薄くはいで作った薄い板(ベニヤ)を接着剤で何枚か貼り合わせた合板の表面に、天然木の薄板を貼り付けた物です。肌触りの良さでは無垢フローリングに劣りますが、経年劣化が発生しにくい、膨張や伸縮・反りが発生しにくい、耐水性・耐傷性に優れている、バリエーションが豊富など、数々のメリットがあります。 傷やへこみに強い物、遮音性能を備えた物、床暖房対応した熱の影響を受けにくい物、特殊コーティングを施したワックス不要の物など、さまざまな機能を備えた合板フローリングがあります。無垢フローリングよりも安価なことも特徴のひとつです。

無垢フローリング

無垢フローリングは、木を切り出してきたままの、100%天然木を使ったフローリング材です。合板フローリングに比べて傷付きやすく、伸縮するために、板が割れたり反りが起こったりすることもあります。その一方で、調湿性に優れ、天然木ならではの柔らかな肌触りを感じることができます。また、経年による変化を味わえるのも無垢フローリングならではの特徴です。
価格は合板フローリングより高めで、汚れがつきやすく落ちにくいため、合板フローリングに比べてメンテナンスには手間をかける必要があります。

張り替え工法と同様、フローリング材についても、合板フローリングと無垢フローリングのうち、どちらが優れているというものではありません。天然木の肌触りにこだわりたいなら無垢フローリング、部屋の雰囲気と機能に合わせて多くのバリエーションの中から選びたいなら合板フローリングというように、重視するポイントに合う物を選ぶといいでしょう。

DIYでフローリングの張り替えはできる?

材料さえきちんと用意すれば、自分でフローリングを張り替えることもできます。手順自体は、張り替え工法なら「今のフローリング材をはがし、新しい物を張る」、重ね張り工法なら「上から重ねて張る」ということになりますが、いくつか注意すべき点があります。

・最初に必ず床下の構造の確認を

床下の構造には、木造住宅に多い「根太工法」や「捨て張り工法」、マンションに多い「二重床工法」や「直床工法」などさまざまな種類があります。構造によっては、張り替える場合に、フローリング材といっしょに下地を交換しなければならない場合もありますので、DIYに取り掛かるまえに確認しましょう。

・フローリング材の処分方法を考えておく

張り替え工法の場合、張り替えが終わればこれまでのフローリング材が廃材となりますので、これを処分しなければいけません。
自治体の回収などに出す場合、引取りまでに時間がかかるようなら、置き場所を確保しておく必要もあります。

・十分な時間と体力をもって臨む

床板をはがしたり張り替えたりする作業は、慣れない身にはかなりの体力を使う重労働です。途中でやめるわけにもいきませんので、作業には十分な時間と体力をもって臨んでください。

・フローリング材を張る向きにも注意

フローリング材は、部屋の長い辺に沿って張るほうが、奥行きが出て、部屋が広く見えます。材料を節約することにもなりますので、向きを間違えないように気を付けましょう。

「張り替えるつもりでフローリング材をはがしたら、下地が腐っていた」など、いざ始めてみたら想定外の事態が起こる場合もあります。下地からのDIYも不可能ではありませんが、きれいに仕上げるにはそれなりの経験と技術が必要なことも覚悟しておきましょう。

フローリングの張り替えは専門業者にお願いするのがおすすめ

DIYには「費用が安く抑えられる」「自分の好みを反映しやすい」などのメリットがありますが、「時間がかかる」「失敗する可能性がある」などのデメリットもあります。また、仕上がりの美しさは、やはり本職にはかないません。専門業者への依頼はDIYより費用はかかるものの、安心感を得られることが最大のメリットです。

BXゆとりフォームは、職人による美しい仕上がりと満足度の高い価格が強みです。フローリングを張り替えたいとお考えの方の、どんな悩みや疑問にもわかりやすくお答えします。まずはお気軽にご相談ください。

フローリングの張り替え・リフォームの無料お見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム