リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
フローリング コラム 61
フローリングのお手入れ
フローリングを長くきれいに保つためのお手入れ方法とは? きれいな状態を長持ちさせるためには、日頃のお手入れが大切です。フローリングのお手入れ方法とその際の注意点、日常生活で気を付けるべきポイントなどをご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

フローリングを長くきれいに保つためのお手入れ方法とは?

フローリングの劣化や汚れなどをできるだけ防ぎ、きれいな状態を長持ちさせるためには、日頃のお手入れが大切です。また、フローリングの性質に合った正しい掃除をしないと、かえって床の状態を悪化させてしまうことにもつながってしまいます。
ここでは、フローリングのお手入れ方法とその際の注意点、日常生活で気を付けるべきポイントなどをご紹介します。

フローリングのお手入れ方法

まずは、フローリングのお手入れ方法について見ていきましょう。「日頃行うべき掃除」と「定期的に行うワックスがけ」、そして「ひどい汚れを急いで落としたいときの対処法」について、それぞれご紹介します。

日々のほこりやゴミ掃除と乾拭き

フローリングの通常のお手入れ方法には、掃除機やモップなどを使ったほこりやゴミの掃除と、乾拭きが挙げられます。
乾いたモップや雑巾を使うことで、掃除機では吸い取り切れなかったような細かいゴミも取り除くことができます。
スチームモップやスチーム掃除機は、水分や摩擦によってフローリングを傷めてしまうことがあるため、使用は避けましょう。

定期的なワックスがけ

フローリングはむき出しのまま使用すると、汚れや傷もつきやすく、劣化のスピードも速くなってしまいます。そのため、半年に1回程度、定期的にワックスがけを行うことが理想的です。
ここでは、ワックスがけの手順とポイントを、簡単にご紹介します。

1. ワックスがけは晴れた日に、床が乾いた状態で行う
2. ワックスをかけるまえに、掃除機や乾拭きで床のゴミやほこりを取る
3. ワックスは塗りやすく、乾きも早い水性樹脂タイプがおすすめ。ワックスがけ専用のモップを用意する
4. 木目に沿って、お部屋の奥から出口に向かってむらなく塗っていく
5. お部屋の風通しが良い状態で、30分~1時間かけてよく乾かす

ワックスが乾ききらないうちに歩いたり、家具を移動させたりすることは避けましょう。むらが出たり、ツヤがなくなったりする原因となってしまいます。

汚れを急いで落としたい場合は?

食べこぼしや油、インクなど、乾拭きでは汚れが落ちにくい場合は、濡らして固く絞った雑巾で拭きます。それでも汚れが落とせない場合は水に少量の中性洗剤を混ぜて、雑巾に染み込ませて拭きましょう。水分や洗剤がフローリングに残らないよう、しっかり乾拭きもします。

フローリングのお手入れで注意したい点

ここからは、フローリングのお手入れの際に注意すべきポイントをご紹介します。誤った方法や道具で床を傷付けてしまわないよう、お手入れ前には確認しておきましょう。

基本的に水拭きはNG!

木でできているフローリングは水気に弱いため、水拭きはNGです。水分によってひび割れや反り・膨張といったトラブルを起こす可能性があります。
前述したように、水に濡らした雑巾を使用する際は固く絞って、水分が床に落ちてしまわないよう注意しながら使用します。濡れ雑巾を床に放置することもないようにしましょう。

化学モップや化学雑巾の使用には注意

薬品が染み込んでいる化学モップや化学雑巾を使う場合は、必ずドライタイプを選びましょう。また、長時間化学モップをフローリングに置いたままにすると、変色してしまう場合があるため、放置は厳禁です。
濡れている場所に化学モップを使用するのもNGです。化学成分が溶けて、床に広がってしまう場合があるからです。
ワックスがけの前後にも、化学モップや化学雑巾の使用は避けましょう。ワックスと化学成分が反応し、ワックスにむらが出てしまうことがあります。

ワックス剥離剤は使用しない

ワックスがけをする際、ワックス剥離剤は使用しないようにしましょう。剥離剤は水で薄めて使用するため、フローリングが膨張したり、変色してしまったりするおそれがあります。基本的には、ワックスは重ね塗りしていきます。

頻繁にワックスがけをしない

ワックスがけをするとツヤも出る上、表面も保護されますので、つい間を置かずに塗りたくなってしまう人もいるかもしれません。しかし、ワックスがけは半年に1回程度が目安となっており、頻繁に行うと逆に床を傷めてしまいます。一度に大量のワックスを塗るのも、膨張やむらの原因となるためNGです。
耐久性のあるワックスを選ぶようにして、頻繁に塗るのは避けましょう。

ワックスフリーフローリングはワックスがけNG!

最近は、ワックスがけ不要のワックスフリーフローリングも増えています。ワックスフリーフローリングはそのままでもきれいな状態が長持ちする、傷や汚れから床の表面を保護してくれる機能を備えた商品です。お手入れも簡単になるなど、メリットが多いフローリングとなります。
ワックスがけをしてしまうと逆に効果をなくしてしまうこともあるため、注意しましょう。

日常生活で気を付けたいこと

お手入れだけでなく、普段の生活でもフローリングを傷めないために注意すべきことがいくつかあります。極度の乾燥や日焼け、水気などでフローリングが部分的に傷んでしまうと、見栄えも悪くなってしまいます。日常的に気を付けたいことを見ていきましょう。

観葉植物や水回り・窓際などの水気に注意

水分を床にこぼさないよう気を付けていても、観葉植物や洗面所などの水回り、窓際の水気を見落としがちです。
次のような点に注意しましょう。

・植木鉢は直接置かず、水受け皿を用意する
・キッチンや洗面所など、水気の飛びやすい場所はマットを敷く
・窓際は雨の吹き込みや結露に注意し、床に水がついてしまったら早めに拭き取る

ヒーターやホットカーペットの熱が直接床にあたらないようにする

フローリングは水分だけでなく、乾燥や熱でも傷みやすいため注意が必要です。床のひび割れや反りの原因となってしまいます。

・ヒーターやエアコンで長時間お部屋を暖める際は、加湿器も使用して湿度を保つ
・ホットカーペットは直接敷かず、断熱マットなどを下に敷いて使う
・ホットカーペットを長時間高温のまま使用しない

上記のようなことを心掛けるといいでしょう。

日焼け予防をする

日当たりの良い窓際のフローリングは、日焼けによって色あせてしまいます。家具などを置いていると、部分的に日焼けしてしまうため、色むらが出てしまうことも…。日焼け予防には、昼間は遮光カーテンをして、直射日光を防ぐといいでしょう。

重い物を長期間置く場合は、置き板を敷く

大きな家具や大量の書籍など、重量のある物を長期間置いておくと、フローリングがへこんでしまう原因となります。負荷をなるべく分散させるためにも、置き板などを活用するようにしましょう。

家具を移動させるときに引きずらない

家具をはじめ、物を移動させる際は、床を引きずらないようにするということも大切です。ワックスがけなどで表面を保護していても、強い摩擦によって傷付いてしまうことがあります。 傷を補修するために部分的に塗装するとしても、DIYで完全にきれいにすることは難しいです。極力傷をつけないよう、ちょっとした家具の移動の際にも注意しましょう。

BXゆとりフォームはワックスフリータイプをはじめ、お手入れが簡単なフローリングを多数ご用意!

フローリングのお手入れ方法や、掃除、日常生活で注意すべきポイントについてご紹介してきました。
定期的なワックスがけは家具の移動なども含めると時間もかかる上、むらなくきれいにできるか不安という方もいると思います。そのため、ワックスフリータイプのフローリングは、お手入れの楽さやツヤが長持ちするという点で人気のフローリングとなっています。
BXゆとりフォームのフローリング張り替えリフォームでは、ワックスがけ不要タイプのフローリングをはじめ、お手入れが簡単なフローリングを多数取り扱っています。思い切って張り替えを検討したいという方は、お気軽にご相談ください。

お手入れが簡単なフローリングへの張り替え・リフォームの無料お見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム