リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
フローリング コラム 62
フローリングのお手入れ
フローリング床のシミの原因と補修方法とは? フローリングは天井・壁と並んで大きな面積を占める部分だけに、その色は部屋の雰囲気を決める大事な要素です。部屋全体の印象を決める色のバランスについて、実際の組み合わせ例をいくつかご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

フローリング床のシミの原因と補修方法とは?

フローリングにシミができてしまったけど、どうすればいいのかわからない…と悩まれていませんか?シミと一口にいっても、できた原因によって対処法も変わってきます。また、なるべくシミを作らないよう、普段からフローリングのお手入れをすることも大切です。あまりにも状態がひどい場合は、思い切ってフローリングの張り替えリフォームを行うという選択肢もあります。

床・フローリングのシミの原因とそれぞれの対処法

床にできてしまうシミの原因は、水分や日焼け、化学薬品などの影響が考えられます。シミを解消するためには、できるだけ早めに、原因に応じた対処をすることが大切です。ここでは、それぞれの原因別のシミの対処法について見ていきましょう。

水分によるシミ

フローリングのシミの原因は、多くが水分によるものといわれています。飲み物や調味料などをこぼしてしまう以外にも、次のような水分が原因でシミとなり、ひどいとカビやへこみの原因にもなってしまいます。

・サッシの結露
・観葉植物の水
・ペットのおしっこ

また、洗濯機を置いている部分に広範囲にシミが広がっていたという、水漏れによる被害のケースもあります。その場合は、水道修理業者に相談する必要があります。
水分によってできたシミを解消する方法としては、床の表面の塗装補修や、部分張り替えが挙げられます。
また、ペットのおしっこによるシミに効果的なクリーナーも販売されているため、水分の種類に応じて試してみると良いでしょう。

日焼けによるシミ

日光によってフローリングが日焼けすることで、シミのようになってしまうということもあります。日のあたる窓際の床は特に日焼けしやすく、カーペットや家具を置いていたことで、床の色に大きく差ができてしまった、というケースもあります。 この場合は日光による自然劣化であるため、カビなどの心配はありませんが、見た目が気になるようであれば、表面の塗装補修や張り替えを検討するといいでしょう。

化学薬品によるシミ

ワックスや化学モップ、パーマ液などによってできてしまったタイプのシミです。対処法としては、専用のクリーナーを使う、塗装補修をする、張り替えをするということが挙げられます。
また、自分で化学薬品のシミ取りをする際は、「クリーナーは原液のまま使用しない」「シミはティッシュでこすらず、クリーナーを使ったあとに雑巾や専用のシートで拭き取る」といったことに注意しましょう。シミを悪化させたり、フローリングを傷付けてしまったりするおそれがあります。

シミではなく、ワックスはがれの可能性も

シミのように見えて、実はフローリングに塗られていたワックスが部分的にはがれてしまっていたというケースも考えられます。
ワックスは乾燥によって縮んでしまったり、水で溶けてしまったりすることもあるのです。
部屋全体のワックスをはがしてワックスをかけ直す、カラーワックスなどで部分補修を行う、といった対処方法があります。

シミを作らないための予防・お手入れ方法

フローリングは、できるだけシミを作らず、きれいな状態を長く保ちたいものです。ここでは、フローリングのシミの予防法として、日頃からどんなお手入れをすべきなのかをご紹介します。

シミを作ったらなるべく早く対処する

シミは、できてしまってから時間が経過すればするほど、完全な補修は難しくなってしまいます。シミを作ってしまったらすぐに対処しなければ、その分補修に時間も費用もかかってしまうため、後回しにはしないように注意しましょう。
水分や薬品などを床にこぼしてしまったら、すぐにしっかり拭き取ることも大切です。

日焼け防止をする

自然劣化である日焼けをできるだけなくすために、床の日焼け防止も行いましょう。
日焼けによる床色の差を防ぐためには、窓際の床には家具をなるべく置かないようにする、マット類は全体に敷ける物以外は敷かないといった対策がおすすめです。
また、日当たりが強い時間帯には、カーテンで日光を遮るようにするということも大切です.

室内でタバコを吸わない(ヤニ防止)

タバコのヤニは天井や壁、床など室内全体に悪影響を及ぼします。黄ばみやシミだけでなく、タバコを落としてしまった場合は焦げ跡ができてしまうというリスクもあります。
室内ではできるだけ喫煙を避けるようにしましょう。

乾拭きで掃除する

普段の床掃除の際は、必ず乾いた雑巾やモップを使いましょう。水拭きはフローリングのひび割れの原因にもなります。汚れがひどくて、どうしても水拭きをしたい場合は、雑巾を固く絞って掃除をします。 また、薬品が染み込んでいる化学雑巾を使うときは、床の変色の原因となるため、絶対に長時間床に放置しないよう注意しましょう。

定期的にワックスがけをする

半年に1度程度の頻度でワックスがけを行うことで、きれいな床を保つことができます。 ワックスによるお手入れの効果には、次のようなものがあります。

・フローリングの表面を保護する
・ツヤを出す

しかし、フローリングの材質によっては、ワックス剤使用時に注意すべきことがあります。メーカーの説明書等をよく確認しておきましょう。

シミの状態がひどかったらリフォームも検討しましょう

ここまで、床のシミの原因・対処法と、予防方法についてご紹介してきました。 「シミの規模が大きすぎるため、自分で対処するには難しい」「お手入れにも限界がある、いっそのこと床全体をきれいにしたい」といった場合は、張り替えリフォームも検討してみることをおすすめします。

BXゆとりフォームのフローリング張り替えサービス

BXゆとりフォームでは、フローリングの張り替えリフォームにも対応しています。多くの施工実績があり、職人による美しい床の仕上がりが選ばれる理由にもなっています。 ワックスがけのお手入れ不要の「ワックスフリー」タイプのフローリングへの張り替えにも対応しているため、床のシミやお手入れに関する悩みや不明点があれば、まずはお気軽にご相談ください。

フローリングの張り替え・リフォームの無料お見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム