リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
フローリング コラム 67
フローリングのお手入れ
フローリングの防水性を高める方法は?DIYやお手入れのポイント 水分によって起こりやすいフローリングのトラブルや、床の防水性を高めるためにできること、日頃のお手入れのポイントなどについてご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

フローリングの防水性を高める方法は?DIYやお手入れのポイント

フローリングは木材でできているため、水分によってダメージを受けやすくなっています。床の寿命をできるだけ延ばし、劣化を防ぐためにも、床の防水性を高めることが大切といえるでしょう。
ここでは、水分によって起こりやすいフローリングのトラブルや、床の防水性を高めるためにできること、日頃のお手入れのポイントなどについてご紹介します。

水分はフローリングの劣化につながりやすい

床に水や飲み物をこぼしてしまう以外にも、冬場の窓際の結露や雨の吹き込みなど、水分が床に付着してしまう場面は、日常に多くあります。フローリングに水分が長時間放置されてしまうと、フローリングの変形や傷みの原因となり、さまざまなトラブルが引き起こされてしまうのです。

水分によって起こりやすいフローリングのトラブル

水分が原因となるフローリングのトラブルとしては、次のようなことが挙げられます。

・水分が染み込んだことによる変色やシミ
・水分による木材の膨張や伸縮(板の変形や反り、中割れなどにつながります)
・湿気による床下の腐食
・湿気による床下や表面のカビ
・水分による床表面のはがれ
・ワックスが塗ってある床の場合、白化する

防水性を高めることが大切

水気や湿気が原因となって引き起こされる、フローリングのトラブルはさまざまです。痛みがひどかったり腐食範囲が広かったりすると、部分補修ではなく床の全面張り替えが必要となる場合もあるため、日頃から床の防水を意識することが大切です。
キッチンやトイレ、洗面所など、水気が飛びやすい場所のフローリングや、飲み水やおしっこなどの水分に注意したいペットの室内飼いをしているご家庭は、特に防水対策を念入りにすることをおすすめします。

防水性を高めるためには?

ここからは、フローリングの防水性を高めるための方法をご紹介します。DIYで防水性を高める場合と、専門業者に依頼する場合それぞれについて見ていきましょう。

DIYで防水性を高める場合

DIYでフローリングの防水性を高める場合、市販の防水マットや防水シートのほか、防水タイプのワックスの使用がおすすめです。

・防水マットや防水シートを敷く
防水仕様のマットやシートが、さまざまなサイズやデザインで販売されています。リビング用、キッチン用など、用途に応じて形や大きさが分けられているのもポイントです。
防水マットはビニール素材の製品が、掃除もしやすく特におすすめです。抗菌・防カビ仕様の製品やずれ防止の吸着タイプなどがありますから、敷く場所や好みに合わせて選びましょう。
防水シートは、マットよりも薄いという特徴があります。水を通さず、湿気は通す性質を持つ透湿防水シートがおすすめです。好きな長さで、簡単に切り取ることができます。

・防水仕様のワックスを使う
フローリングの定期的なお手入れ方法として、ワックスがけが挙げられます。その際、水回りやペットの暮らすお部屋のフローリングは、防水仕様のワックスをかけるのもおすすめです。
一般的なワックスと比べると耐水性が高く、一般的なワックスにありがちな水分の放置によるワックスの白化も防止することができます。
ただし、歩行や摩擦などによって傷がつき、防水のために覆われた膜がはがれてしまい、効果が落ちてしまうこともあるため、定期的に塗り直すことが大切です。

業者へフロアコーティングを依頼する

ワックスがけの手間を省き、よりフローリングの美しさと保護力を高めることができるフロアコーティング。業者によって撥水性のあるタイプや耐水性の高いタイプのコーティングを行っているため、業者選びの際はよく比較・検討してみることをおすすめします。
フローリングを、長期間にわたって傷や汚れから保護してくれるフロアコーティングは、お手入れも簡単で、ワックスのように塗り直しをしなくていいというメリットもあります。

日頃のお手入れのポイント

ここでは、できるだけフローリングに水分によるダメージを与えないためにも、日頃から注意すべきポイントをご紹介します。

水分はすぐに拭き取る

水気を飛ばしてしまったり、水をこぼしてしまったりしたら、すぐに乾いたタオルや雑巾で拭き取るようにしましょう。観葉植物には水の受け皿を敷く、ペットの飲み水周りにはシートを敷くといった方法もおすすめです。
また、天気や季節によっては、室内に思わぬ水分が発生してしまうこともあります。冬の窓際で発生しやすい結露や雨の吹き込みなどにも注意しましょう。

水拭きや水気を利用した掃除方法はNG

フローリングの掃除は、水気を利用した方法はNGです。雑巾やモップも乾いた物を使いましょう。ひどい汚れを落としたい際は、固く絞った雑巾を使い、仕上げに乾拭きをします。

水濡れに強いフローリングへの張り替えリフォームもおすすめ

フローリングの防水性を高めるポイントについてご紹介してきました。床を水分によるダメージから守り、できるだけ長くきれいに使えるようにしていきましょう。
また、床の寿命や傷みの度合いによっては、フローリングの張り替えリフォームを検討される方もいるのではないでしょうか?
BXゆとりフォームでは、フローリングの張り替えリフォームサービスもお届けしています。汚れや水濡れに強いタイプのフローリングもあり、ご満足いただける価格で提供しています。
リフォームに関する疑問へのご回答やお見積もりも受け付けておりますので、検討中の方はお気軽にご相談ください。

水濡れに強いフローリングへの張り替え・リフォームの無料お見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム