リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
浴室・ユニットバス コラム 33
仕上げ・色・選び方
                  
お風呂の色選びで失敗しないためのポイントは?色別のメリット・デメリット お風呂の色選びで失敗しないためのポイントは?色別のメリット・デメリットの情報をまとめました。 お見積り・お問合せはこちら

お風呂・浴室の色選びで失敗しないためのポイントは?色別のメリット・デメリット

浴室をリフォームする際は、機能性だけではなく、色を重視することも大切です。色を適当に決めてしまうと、「汚れが目立つ浴室になってしまった」「落ち着かずリラックスできない空間になってしまった」など、失敗してしまうケースもあるのです。
ここでは、浴室の色選びについて、色ごとの特徴、目的別のポイントについてご紹介します。

浴室の色別の特徴

色の系統ごとの特徴やメリット・デメリットを知ることで、浴室の色選びの参考にすることができます。浴室に求める雰囲気や色の効果を決めておくと、より選びやすくなるでしょう。

・ダーク系
  黒や茶色といったダーク系の色は、落ち着いた印象の空間になります。浴室全体ではなく、一面をダーク系にするだけでも、空間を引き締める効果があるのです。ダーク系の中でも、紫色は癒やし効果があるとされているためおすすめです。また、茶色系でも少し明るめの茶色にするとシックになりすぎず、柔らかい印象になるでしょう。

シックな雰囲気を演出できるダーク系ですが、白いうろこ汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。また、浴室全体をダークカラーで統一したら、浴室が暗い雰囲気になってしまったという失敗例もあります。
また、ダークカラーはお湯の色がきれいに見えないという意見もあります。全体をダークカラーにせず、浴槽だけはホワイト系にするなど、色の組合わせ方も失敗しないためのポイントです。

・ホワイト系
  白いうろこ状の水垢は、浴室で目立ちやすい汚れです。ホワイト系の浴室にすることで、この水垢が目立たなくなります。ほかの色合いと比べても清潔感があり、空間を広く開放的に見せてくれる効果もあります。

ホワイト系はダークカラーのような白いうろこ汚れが目立たない一方で、髪の毛や「ピンクカビ」というピンク色のカビが目立ちやすいというデメリットがあります。また、全体をホワイト系に統一してしまったら、シンプルすぎて物足りない雰囲気になってしまったという失敗例も。せっかくリフォームをするのであれば、こだわりの色合いやデザインも取り入れてみたいところです。

・パステルカラー系
  明るいトーンで、ホワイト系の次に水垢の汚れが目立ちにくいパステルカラー系。ホワイト系ほどシンプルにもなりすぎず、柔らかく落ち着いた浴室にすることができます。イエローやオレンジ、ピンク系は柔らかい女性的な雰囲気の浴室に、グリーンやブルー系は安心感のある、パステルカラーでも甘くなりすぎない浴室になります。
その一方で、かわいらしい雰囲気を演出できるパステルカラーですが、若いころはおしゃれに感じても、年齢を重ねるうちに、甘すぎる印象を持つようになってしまった、という意見もあります。浴室のリフォームはそう何度もするものではないため、長い目で見た色選びをすることも失敗しないためのコツといえるでしょう。

目的別・浴室の色の選び方

浴室の色を選ぶとき、「汚れが目立たないようにしたい」「雰囲気を重視したい」など、目的からぴったりの色を探したいという方もいると思います。ここでは、代表的な3つの目的別に、どんな色が適しているのかをご紹介します。

開放的な雰囲気にしたい

開放感のある色は白、逆に圧迫感を覚えさせる色は茶色系と黒になります。
まず、透明感の高い白をベースにすると、狭い浴室でも奥行きが出て、開放感を得ることができます。逆に黒をベースにすると、空間全体が引き締まるため、圧迫感が強くなってしまいます。
床だけに黒を使い天井と壁は白でそろえるなどすると、浴室をより広がりのある印象にすることができるでしょう。

汚れを目立たせたくない

汚れが目立ちやすい色は黒や赤です。また、ホワイト系の浴室は白いうろこ状の水垢は目立たない一方で、ピンク色のカビや黒カビ、髪の毛といったものが目立ちやすくなります。
逆に汚れが目立ちにくい浴室の色としては、灰色や青色などが挙げられます。これらは汚れと色が近く、汚れが目立ちにくくなります。

高級感を出したい

浴室に使いやすい色で高級感を演出するのは、黒と赤です。これらの色にさらに「光沢感」を加えることで、より高級感を高めることができます。シックで威厳や緊張感を覚えさせる黒や赤に光沢が加わると、金や銀を使わなくても高級感が出るのです。
逆に素朴な印象を高める色は、茶色や青色、緑色です。これらは、人に優しい印象や安心感を与える色のため、高級感を演出したい場合は避けたほうがいいでしょう。

柄や照明を変えても浴室の印象が変わる

色だけでなく、柄や光の効果を取り入れることでも、浴室のイメージを変えることができます。メーカーによっては、壁や天井に柄を取り入れたり、照明の色合いを変えたりすることが可能です。
例えば、ダークカラーでもただの茶色ではなく木目調の壁にすることで、柔らかく落ち着いた雰囲気にすることができます。また、浴室全体をホワイト系にしていても、暖色系の照明にすると、温かみのある、寂しい印象がない空間にできるでしょう。

浴室・浴槽の色選びは慎重に

浴室を快適な空間にするためには、浴室に求める要素に合った、慎重な色選びをすることが大切です。
BXゆとりフォームでは、さまざまな色の浴室・浴槽を取り揃えています。浴室のリフォームを検討されている方は、お気軽にご相談ください。

浴槽交換・お風呂・浴室・ユニットバス
交換・リフォームの無料見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム