リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
浴室・ユニットバス コラム 52
05寒さ対策やオプション機能
                  
お風呂場が寒いのはなぜ?問題点と改善方法? 寒い浴室は、命の危険に結び付くこともあります。寒い浴室の危険性を知り、対策を講じましょう。 寒いお風呂場の情報をまとめました。問題点と改善方法もご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

お風呂場が寒いのはなぜ?問題点と改善方法

冬の寒い時期に、冷え切った浴室に入るのはつらいものですよね。浴室が寒くなってしまう原因には、断熱性能の低さや暖房機器がないことなどが挙げられます。特に、古くて隙間が多い浴室は冬の冷たい外気が入り込んでくることから、浴室内が冷え切ってしまうことも珍しくありません。
しかし、このような寒い浴室は、命の危険に結び付くこともあります。寒い浴室の危険性を知り、対策を講じましょう。

寒い時期のお風呂は危険

寒い時期にお風呂に入るときに気を付けたいのが「ヒートショック」です。ヒートショックは、寒暖差の激しい所に移動することで血圧が急激に上下し、体調を崩すという現象で、時には命の危険にも結び付く恐ろしい現象です。
寒暖差が引き金になるヒートショックは、当然、寒い浴室から熱いお風呂に入ったときにも起こります。まず、暖かい部屋から移動して、寒い脱衣室で裸になることによって全身が冷え、血圧が急上昇します。その後、お風呂に浸かることで、今度は血管が広がって、血圧の急降下が起こってしまうのです。
こうした血圧の変化によって、浴槽の中で失神すると、そのまま溺れてしまいかねません。実際に、入浴中の心肺機能停止者数は、夏に比べて寒い冬の時期はおよそ10倍にも増えるのです(東京都健康長寿医療センター 研究所調べ)。

ヒートショックを防ぐためには、脱衣室の気温が下がりすぎない夕食前や昼間の入浴を心掛けたり、お湯の温度を高くしすぎず、41℃以下にしたりすることが大切です。また、誰かといっしょにお風呂に入ることや、浴室の温度が下がらない工夫をすることも効果的です。

今すぐできるお風呂の寒さ対策

脱衣室や浴室の温度を一定以上に保つために、今すぐできる対策についてご紹介します。

何も用意しなくてもできる対策

浴槽にお湯を張る際、あえて蓋を閉めずに開けたままお湯を溜めてみてください。すると、お湯の蒸気で洗い場をある程度暖めることができます。似た対策に、シャワーを使ってお湯を溜めるという方法があります。 ただし、この場合、お湯が冷めやすくなるため、ぬるすぎると感じないよう、温度調整をするようにしましょう。また、カビを防ぐために、お風呂から上がる際に壁や天井を拭いておくことも大切です。

ご自宅にあるハロゲンヒーターやファンヒーターなどを脱衣室に置くのも効果的です。浴室の扉を開いて脱衣室を温めておけば、ある程度浴室の気温も上げることができますし、体温の急激な変化を防げます。

ヒートショック対策には、お風呂に浸かったときの体温変化を防ぐだけでなく、体温を下げない工夫をすることが大切なのです。

ホームセンターでそろえられる寒さ対策グッズ

浴室の床がひんやりと冷たいお宅では、それだけで体温を奪われてしまいます。タイルの床など、洗い場の床が冷たい場合は、風呂用マットを敷くなどして、温かみのある浴室を目指しましょう。肌がふれる部分が温かいというだけで、体温の変化はだいぶ緩やかになります。

そのほか、窓に貼る断熱シートなど、浴室の断熱グッズは多数販売されていますので、ホームセンターなどをのぞいてみましょう。

リフォームで本格的な寒さ対策

浴室でのヒートショックを防ぎ、快適に入浴をするためには、リフォームがおすすめです。リフォームならよりしっかりと対策することができるため、ヒヤッとした冷たさを感じることなく入浴タイムを楽しめるようになるでしょう。

・二重窓
浴室の熱が逃げ、寒くなってしまう原因のひとつに窓があります。そこで、窓を断熱性の高い二重窓にすることで、熱が逃げて冷たい外気が入り込んでくるリスクを下げることができます。

・断熱材
システムバスの壁に断熱材を入れれば、冬でも温度変化の少ない浴室を作ることができます。また、壁だけでなく、床や天井にも断熱材を入れることが可能です。浴室を断熱材に囲まれた空間にすることで、浴槽の熱を逃がさず、暖かい浴室が実現できます。

・在来工法からユニットバスへリフォーム
昔の戸建てなどでは、自由な設計が可能な在来工法で浴室が作られることが多くありました。しかし、最近では、ユニットバスが主流になってきています。古い在来工法で作られた浴室は、寒さ対策があまりとられていないケースも珍しくありません。浴室を丸ごとユニットバスにリフォームすることで、浴室の快適性を上げるとともに、寒さ対策もすることができます。

・浴室の暖房
浴室をあらかじめ暖めておける浴室暖房や、床暖房を利用すれば、より浴室を暖かくすることができます。電気代もそれほどかからない高性能な暖房器具が多数登場しているため、しっかりヒートショック対策をしたい方は検討してみてください。

浴室の寒さを甘く見てはいけない

浴室の寒さは、快適性だけでなく、健康被害にも直結する危険なものです。BXゆとりフォームでは、浴室の寒さ対策リフォームを承っています。安心して自宅で暮らし続けるためにも、使いやすく、快適で暖かい浴室を目指しましょう。
どのような対策がとれるか、ご予算やご希望に合わせてご紹介いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

浴室寒さの改善・ユニットバス
交換・リフォームの無料見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム