リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

浴室・ユニットバス コラム 58
05寒さ対策やオプション機能
                  
浴室の寒さ対策には、窓の断熱が効果的 いくら室内を暖かくしても、窓の断熱対策を行わなければ、暖かい空気は窓から逃げていってしまうのは、リビングでも浴室でも同じです。 浴室を暖かく保つために、知っておきたい窓の断熱方法についてご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

浴室の寒さ対策には、窓の断熱が効果的!

冬の寒い日、部屋の窓に近づいたら、一段と空気が冷たくて驚いたことはないでしょうか?
窓は熱気や冷気の出入口です。いくら室内を暖かくしても、窓の断熱対策を行わなければ、暖かい空気は窓から逃げていってしまうのは、リビングでも浴室でも同じです。
浴室を暖かく保つために、知っておきたい窓の断熱方法についてご紹介します。

浴室の寒さと窓の関係

浴室の寒さ対策に窓が重要なのは、窓が暖かい空気を逃がし、冷たい外気が入ってくる出入口になっているからです。 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会によると、冬の暖房時に、部屋の熱が窓などの開口部から流出する割合は、屋根や壁、床からの熱の流出に比べ圧倒的に高く、全体の58%にも上ります。窓には、壁や天井のような断熱材が使われていないだけに、多くの熱がここから出て行き、部屋の温度を下げる原因となっています。

暖かいリビングから寒い浴室に移動することで、急激な温度の変化が起きてしまうと、体の熱を逃さないために血管は収縮し、血圧の急上昇が起こります。その状態でお湯に浸かると、今度は体が温められたことで血管が広がり、血圧は急に下がります。このような血圧の急変動は体に負担をかけ、特に高齢者の場合は心筋梗塞や脳卒中につながりかねません。温度差が激しいと、このようなヒートショックのリスクが急上昇します。
快適さだけでなく、健康の面から見ても、窓から熱が逃げることを防ぎ、浴室を暖かく保つのは大事なことだといえるでしょう。

DIYによる窓の断熱方法

窓からの冷気の進入を防ぎ、浴室内の熱を逃がさないようにするには、DIYレベルでもさまざまな工夫をすることができます。

断熱材を窓に張る

最も簡単なのは、窓にプラスチックダンボールやスタイロフォーム(発泡材の一種)などの断熱性に優れた素材を張り付けることです。窓のサイズよりも心持ち大きめのサイズに切って、窓を覆うように張り付けることで、窓から冷気が進入してくるのを防ぐことができます。

透明素材の仕切りを作る

窓の浴室側に仕切りをはめ込めば、窓と仕切りのあいだに空気の層ができ、断熱効果を高めることができます。
仕切りの素材は、窓枠にあたる部分にはプラスチックモール、ガラスにあたる部分にはポリカーボネート中空構造板がおすすめです。材料は、ホームセンターなどに行けば買い揃えることができます。

DIYのメリットは何より安価で手軽なことですが、ここでご紹介した方法は、窓に直接張り付けたり、はめ込んだりするものなので、一度行うと、外すまでは窓が開けられなくなるデメリットがあります。 また、長期間そのままにしておくと、カビや雑菌が繁殖するリスクがあるので、DIYで窓の断熱対策を行う場合は、定期的に手入れも行ってください。

リフォームによる窓の断熱方法

DIYは面倒だという場合や、より高い断熱性を求める場合は、窓のリフォームを行うのがおすすめです。

窓の取替え

窓の断熱性は窓枠、障子(窓ガラスを固定するパーツ)、窓ガラスの3つで決まるので、これらに熱伝導率が低く断熱効果の高い素材を使った窓に交換すれば、それだけで窓の断熱性を高めることができます。窓の場所にもよりますが、多くの場合2時間~半日もあれば交換することができます。

内窓の設置

元の窓の内側に内窓を設け、二重窓にすることも断熱性を高めるのに効果的です。
専門業者による設置の場合は、1時間~数時間で取り付けが可能ですし、DIYとは違ってきちんと窓を開くことができるので、その後の手入れも簡単に行えます。また、防犯対策や結露の防止にも役立ち、遮音効果も期待できます。

そのほかの浴室を暖かく保つ方法

次のような入浴時のちょっとした工夫や設備も、浴室を暖めるのに役立ちます。

入浴前にお湯をかける

入浴前に浴室の壁と床にお湯をかけることで、浴室の温度を上げることができます。40℃前後のお湯を、シャワーで10秒間ほどかければ、温度を上げる効果があります。

浴室暖房乾燥機をつける

天井や壁に浴室暖房乾燥機を設置し、入浴前に暖房によって、浴室を暖めておくことも効果的です。浴室暖房乾燥機は、後付けすることも可能です。

ユニットバスへリフォームする(在来工法の浴室の場合)

かつて主流だった在来工法(その場でコンクリートを素材にした床や壁を作り、防水処理を施して、浴室を作っていく方法)の浴室は、ユニットバスに比べて隙間が多く、断熱効果が低い場合が多くなっています。
ユニットバスに交換リフォームすることで断熱効果が増し、暖かい浴室にすることが可能です。リフォーム時に、ユニットバス周りにしっかり断熱材を入れることで、さらに断熱効果を高めることもできます。

窓の断熱対策で快適な浴室に

浴室の窓の断熱対策は見落としがちな部分ですが、浴室を暖かく気持ちのいい空間にするためには欠かせないものです。
BXゆとりフォームでは、浴室の窓の交換・内窓設置リフォームを数多く行っています。また、在来工法の浴室をユニットバスにリフォームする工事も多数実績があります。それぞれのご状況に合わせたアドバイスができますので、浴室の寒さが気になるという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

浴室断熱窓・ユニットバス
交換・リフォームの無料見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム