リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

制度利用でオトクにリフォーム 次世代住宅ポイント制度 2020.3.31まで
浴室・ユニットバス コラム 57
05寒さ対策やオプション機能
                  
浴室の寒さ対策!断熱リフォームの基礎知識 浴室が寒い理由には、施工上の問題がある場合もあれば、使われている浴室の素材に問題がある場合もあります。浴室の寒さ対策・断熱リフォームの基礎知識まとめました。 お見積り・お問合せはこちら

浴室の寒さ対策!断熱リフォームの基礎知識

寒い冬の日に、ゆっくりとお風呂に浸かるのは気持ちがいいものです。しかし、「浴室が寒すぎて、冬場に風呂に入るのはつらい…」ということになってはいないでしょうか?
浴室が寒い理由には、施工上の問題がある場合もあれば、使われている浴室の素材に問題がある場合もあります。 戸建て住宅で、ユニットバスであるにもかかわらず寒さが気になる場合は、施工上の問題であるケースが多く見られます。ここでは、戸建て住宅のユニットバス周りの断熱方法について、詳しく見ていきましょう。

浴室が寒い原因の多くは、外壁・床の断熱方法の問題

戸建て住宅のユニットバスで、寒さが気になる原因の多くは、施工時の断熱材の入れ方に問題があることです。
ユニットバスの断熱効果を高めるために大事なのは、ユニットバスをぐるりと取り囲むように、その外周を断熱材で覆うこと。浴室の周りをすっぽり断熱材で囲み、ユニットバスの下は基礎断熱を行うのが、最も効率的な断熱方法です。
ところが、建てられて長い期間が経っている家の中には、地下からの冷えに備える基礎断熱が不十分だったり、浴室を家の外部扱いにして、その周囲に断熱材を入れていなかったり、入れていても、断熱材が外れてしまっていたりするという場合もあります。それが、浴室の寒さにつながっているというわけです。

不十分な断熱が及ぼす影響は、浴室の寒さだけにとどまらず、そのほかの部屋にも寒さを伝えてしまいます。
解決方法としては、ユニットバスの交換リフォームのときに、浴室の外周の断熱工事もいっしょにやり直すしかありません。その分費用はかかりますが、浴室周りの断熱がしっかりすることで、浴室はもちろん、家全体の断熱効果が高まります。そして、暖房費の節約や快適な暮らしにつながりますので、断熱工事を行う価値は十分にあるといえるでしょう。

素材による断熱効果の違いも

戸建て住宅のユニットバスの寒さの原因は、断熱材の使い方であることが多いですが、浴室に使われている素材の問題や、断熱材と素材の両方に問題がある場合もあります。
素材が寒さの原因の場合、解決方法としては、およそ次のようなものがあります。

窓に内窓を設置する、窓を交換する

冷たい外気とガラス1枚で隔てられている窓は、冷たい外気の入り口であるとともに、内側の暖かい空気を逃がしてしまう場所になります。壁や天井、床にいくら断熱対策が施されていても、窓に何の対策もしなければ、浴室の寒さは解消されません。
解決方法としては、既存の窓の室内側に、内窓を設置するのがおすすめです。ガラスのあいだに空気の層ができることで、高い断熱効果が期待できます。
また、リフォームによって窓自体を気密性の高い物に交換すれば、内窓を設置するよりもさらに効果的です。

壁面パネルや床には断熱性の高い素材を選ぶ

ユニットバスに使われる素材は日々開発が進んでおり、20~30年前に比べれば、壁や床に使われる素材そのものの断熱性も非常に高くなっています。
例えば、気温の寒暖差により血圧や脈拍が乱れ、体に悪影響を及ぼすヒートショックを予防するため、床に断熱性能の高い発泡ウレタンのクッション層を作ったり、床暖房を取り入れたりして、冬場でも足元を暖かく保てる浴室も増えています。
浴室が古い場合は、新しいユニットバスに変更することで、断熱効果の違いを感じることができるでしょう。

断熱対応浴槽にする

床や天井の素材と同じく、浴槽の中には保温機能に優れ、お湯が冷めにくくなっている物があります。浴室全体の断熱性能を高めるとともに、保温機能の高い浴槽に交換すれば、より暖かく過ごすことができます。

浴室暖房乾燥機を設置する

暖房を入れて浴室内を暖かくするのも、浴室の寒さ対策にはいい方法です。
天井や壁に後付けすることもできる浴室暖房乾燥機を取り付ければ、1台で換気・洗濯物の乾燥・暖房が行えるので、確実に浴室を暖めることができます。
ただし、元々断熱性能が低い浴室を、暖房だけで暖めるのは効率が悪く、さらに暖房のランニングコストがかさむので、浴室そのものの断熱対策と併せて導入するのがおすすめです。

浴室のリフォームと合わせて断熱の見直しを

浴室周りの断熱材の施工は、浴室の寒さと住居全体の寒さに大きな影響を及ぼすものです。
浴室の寒さが気になるなら、リフォームのタイミングと合わせて、断熱材の状態を見直してみるのがおすすめです。施工し直す場合は、DIYで浴室の周りに断熱材を敷き詰めることもできないわけではありませんが、どこか1ヵ所でも隙間が開いてしまうと、防寒効果は大きく落ちてしまいます。既存の壁などを壊さずに、効果的な施工をするのは難しいので、専門業者に依頼するのがいでしょう。 BXゆとりフォームでは、浴室の断熱リフォームを数多く行っています。それぞれの状況に合わせたアドバイスができますので、浴室の寒さが気になるという方は、お気軽にご相談ください。

浴室の断熱・ユニットバス
交換・リフォームの無料見積りは
  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・お問合せはこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 17時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム