リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

TOCLAS 秋のリフォームバーゲン 浴室・キッチン 2021年9月1日~11月30日ご成約分まで
全面改装リフォーム コラム 14
全面改装リフォームについて
フルリフォームとは?メリット・デメリットを解説 フルリフォームの意味やメリット・デメリットについて解説します。 お見積り・お問合せはこちら

フルリフォームについて調べると、スケルトンリフォームや建て替えなど似た意味を持つ言葉が出てきて違いが分からなくなる方もいるかもしれません。 フルリフォームの概念を知ると、他の修繕方法と比べた時のメリット・デメリットについても分かりやすくなるはずです。
そこで本記事では、フルリフォームの意味やメリット・デメリットについてご紹介します。

フルリフォームとは「骨組みを残して家を作り変えること」

「フルリフォーム」とは、基礎部分や梁、柱といった主要構造部だけを残して家を解体し、新しく作り変えることをいいます。リフォーム会社にもよりますが、「スケルトンリフォーム」とほぼ同じ意味と捉えて差し支えありません。
一方、壁材や床材、水回りなどの目に見える部分のみを刷新する修繕のことは「表層リフォーム」と呼ばれます。マンションなどでは主要構造部を工事できない場合があり、戸建てでいう表層リフォームをフルリフォームと呼ぶ場合もありますが、一戸建てでは基本的にフルリフォームと表層リフォームを区別します。他にもフルリフォームと混同されやすい用語が「建て替え」です。これは基礎部分や骨組みもすべて解体・撤去して家を建て直すことを指します。
どちらも家を生まれ変わらせるという点では同じですが、最も重要な部分である基礎と骨組みを残すかどうかの違いは大きく、それぞれにメリットとデメリットがあります。今回は戸建てを想定し、躯体を残して家を作り直す「フルリフォーム」に焦点を当てて解説します。
※フルリフォーム、スケルトンリフォーム、表層リフォームの定義は、リフォーム会社ごとに異なります。

フルリフォームの3つのメリット

フルリフォームを表層リフォームや建て替えと比較した場合、以下のようなメリットがあります。

コストが安くなる

建て替えと比べると、フルリフォームは元の基礎や骨組みを流用できるため、これらの部分を新たに作る必要がなく、施工費用を抑えることができます。また、建て替えと比べると廃材も少なくなり、処分費用も抑えられます。

工期が比較的短い

建て替え工事は長いと3~8カ月かかりますが、フルリフォームなら1~5カ月の工事期間で終わります。ただし、家の大きさや天候、躯体の傷みなどによっては工期が伸び、建て替えより長くかかる可能性もあるため、注意が必要です。

思い入れのある我が家を使い続けられる

一部分とはいえ、フルリフォームは思い入れのある我が家をそのまま使い続けられます。家の雰囲気は大きく変わりますが、柱や梁などに昔の面影を残しつつ、住空間を思いのままに変えられるのが魅力です

フルリフォームの3つのデメリット

フルリフォームには多くのメリットがある反面、基礎や骨組みが残っている関係上、以下のようなデメリットもあります。

根本的な構造の変更はできない

間取り変更はできても骨組みは動かせないので、家の大まかな形まで変えることはできません。制限がある中で二世帯住宅にしたり、動線を確保したりすることはできますが、デザインの自由度は建て替えに劣ります。

状態次第で補修費用が高くなる

骨組みの劣化が激しいと、その部分を補修しなければならないため、どうしても補修費用がかかります。状況次第では建て替えたほうがいい場合もあり、複数のリフォーム会社に見積もりを依頼するなど、十分に検討することをおすすめします。

基礎や地盤に問題があると対応不可

家全体を支えている基礎と地盤は、家の総合的な耐久性や耐震性能に関わる部分です。もし基礎や地盤に問題があれば、フルリフォームでは対応できず、建て替えなければなりません。築年数が古い建物は、最新の耐震基準を満たしていない可能性が高いため、特に注意が必要です。

フルリフォームが向いているケース

リフォームは施工範囲によって表層リフォーム、フルリフォーム、建て替えの3つに大別できますが、中でもフルリフォームに向いているケースについて解説します。

予算を抑えたい方

一般的に、建て替えよりフルリフォームの方が値段を抑えられます。予算に制限がある方は、フルリフォームを検討することがおすすめです。

基礎や骨組みの状態に問題がない建物

築年数が浅く、基礎部分や骨組みに劣化が見られない場合はフルリフォームができますが、劣化が進んで修復が不可能な場合はもちろん、たとえ可能でも補修費用が大きくかかる場合は、建て替えが推奨されます。

間取りや水回りを変更したい方

同居人数の変化や二世帯住宅への変更などに伴い、間取りや水回りを大きく変えたいという方も、表層リフォームでは対応が難しいためフルリフォームがおすすめです。建て替えと比べても、費用や工期を考えるとフルリフォームの方がお得に済みます。

我が家への思い入れが強い方

生活をともにしてきた愛着ある家を壊したくないという方は多いのではないでしょうか。建て替えをすると、まったく新しい家に生まれ変わってしまいますが、フルリフォームにすれば所々で住み慣れた家の面影を感じられます。

構造体に資産価値がある建物

貴重な木材が使われている古民家など、骨組みそのものに高い価値がある場合は、残しておくためにもフルリフォームがおすすめです。物件によっては、建て替えよりも資産価値が高くなります。

まとめ

戸建てのフルリフォームとは「基礎部分や骨組みだけを残して大部分を作り直すこと」を指します。リフォーム会社によって定義が異なることもありますが、スケルトンリフォームと同義語として使われる場合が多く、一部分を改修する「表層リフォーム」や家をすべて解体して建て直す「建て替え」とは意味が異なります。
フルリフォームは建て替えより低コスト・短工期ながら、表層リフォームよりも思い切った間取り・設備の変更ができます。一方、建て替えと比較すると自由度が劣るのがデメリットです。 フルリフォームは建て替えより安価ですが、家の状態ごとに費用感は大きく異なります。予算を押さえながら家を刷新したい方や家に対する愛着が強い方などにおすすめです。

全面改装リフォーム無料見積りは
  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム