リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

TOCLAS 冬のあったかリフォームバーゲン 浴室・キッチン 2021年12月1日〜2022年2月28日ご成約分まで
キッチン・台所のリフォーム・交換 コラム 18
暮らしの中のキッチン
取扱メーカー・ブランドを知ってキッチンリフォームをしよう!(キッチン扉編) キッチンリフォームを検討しているお客様へ各メーカーのキッチン扉について商品ブランド毎にご紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

リフォームで人気のキッチンリフォーム。
キッチンは、食をつかさどる暮らしの要ともいえる場所で、“お洒落”にこだわりたい方が多くいらっしゃいます。システムキッチンのメーカーは多岐にわたり、それぞれが幾つかの商品ブランドを販売しているので、ご自身にあったシステムキッチンを見つけるのはなかなか大変と考える方も多いのではないでしょうか?
今回は、キッチンリフォームを検討しているお客様へ各メーカーのキッチン扉について商品ブランド毎にご紹介します。

システムキッチンとは、シンク(洗浄するところ)、コンロ(加熱機器)、ワークトップ(作業スペースである天板)、食器などの収納部分で一体化したパッケージです。

その中で、実際に調理などの作業をしている時より、少し離れて視界に多く入ってくるのが収納部分で、食器の落下や汚れ防止等の為にあるのがキッチン扉となります。
キッチン扉は家具と同じと考えられ、実際の使い勝手だけではなく、扉のデザインや質感・取っ手のデザインまで自分好みで選べるこだわりのポイントとなります。
システムキッチンが発売された当初は、扉の色やデザインもあまり種類がありませんでしたが、近年印刷加工技術が進んだこともあり、扉のデザインはシート貼の種類や塗装も増えました。木目のテクスチャーで手触りが木の触感を感じられるものなど様々なものがある為、お住まいやお好みにあう扉があると考えられます。

キッチンの扉を選ぶポイント

キッチンの扉を選ぶポイントは大きく分けて材質、デザイン、価格です。

材質

・天然木無垢材
天然木をそのまま使用し、樹木が成長する時に発生する成長応力や、乾燥によって発生する応力で生じる「反り」「ねじれ」防止等の為に、樹脂塗料をコーティングしています。自然な風合いと質感、高級感があります。

・天然木突き板
天然の板を薄くスライスしたものに芯材を入れて樹脂塗料をコーティングしています。天然木無垢材と同様の質感があり、無垢材より反りやねじれなどの変形が少なく扱いやすい材質です。

・塗装
表面材を全体に塗装します。高級感のある鏡面性が特徴の一つです。こちらはピアノ等の仕上げ方と同様の方法です。(化粧シートの仕上げにUV塗料を塗布するUV塗装もあります)

・化粧シートタイプ
もっとも主流のタイプです。デザインも豊富で、防水加工がしてある為、お手入れが楽なのも特長です。

・高圧メラミンタイプ
キッチンパネル等で使われているメラミン化粧板タイプで、汚れや熱に強いです。

・ステンレスタイプ
水汚れ等に強いステンレスタイプです。最近では印刷加工技術も進み選べるカラーも多くなってきました。

・ホーロータイプ
ガラス板と鉄板を合わせて850度で焼き付けたホーローは根強い人気があります。光沢があってキズや汚れにも強いです。鉄を含んでいるのでマグネット式の収納等が使えるのも特長の一つです。

また、材質に加え表面の仕上げの仕方も大きく分けて、鏡面仕上げ・艶消し(マット)・UV塗装(劣化が少ない)があります。

デザイン

色が多数あるのはもちろんですが、大きく分けると
・フラットな扉でハンドル・グリップのタイプ
・フラットな扉でライン取っ手タイプ、
・フレームタイプ(框組風・額縁形式のもの)(取っ手あり)
の3種類です。

価格

鏡面や艶消しなど表面の仕上げ方も異なりますので、手間がかかるもの、汚れにくい加工や防水加工をしている扉などは費用がかかります。

メーカー別商品ブランドから扉を見ていく

材質、デザイン、価格の元、キッチンメーカーとしてメジャーな3社のキッチンを商品ブランド別に見ていきます。

ブランド:LIXIL(リクシル)

LIXILキッチンの特徴
LIXILは、元々陶器タイルやトイレ等で有名なメーカーのINAX(システムキッチンも販売)、システムキッチン専門メーカーのサンウェーブが会社創立から含まれております。リシェルSI、アレスタ、シエラSといった3種類の商品ブランドを取り扱っていますが、一つの商品趣向に偏ることなく、多くのお客様に向けて、異なったテイストで商品展開をしているメーカーです。

商品ブランド:リシェルSI 商品グレード:高級

「美しい暮らしを、キッチンから」がコンセプトのLIXILのハイクラスシステムキッチン「リシェルSI」。
天板セラミックトップで有名ですが、扉は全部で19シリーズ53色あり、取っ手のデザインは16種類です。色や柄によって価格別に7つのグループに分かれております。天然木突き板を使った扉や「鏡面」「艶消し」を選ぶこともでき、高級で質感の高い扉が選べます。

商品ブランド:アレスタ グレード:中高級

「アレスタ」は「料理を楽しむキッチン」というコンセプトのもと、料理のしやすさ、お手入れのしやすさにこだわったスタンダードモデルのシステムキッチンです。
全部で46種類の扉と11種類の取っ手があり、色や柄によって価格別に5つのグループに分かれております。光沢があるものや艶消しのもの、木目などから選べます。

商品ブランド:シエラS グレード:普通

いつまでも飽きのこないシンプルなかたちを目指したキッチンです。
3段引き出しタイプのキッチンでは他メーカーと比べると安価なのが魅力の一つです。また、扉の価格別のグループは2つですが、定番の木目や、流行を取り入れたスタッコ等一定数の種類は抑えてあります。グループ1は7種類の扉カラーと2種類の取っ手、グループ2は20種類の扉カラーと3種類の取っ手から選べます。

ブランド:TOCLAS(トクラス)

トクラスのキッチンの特徴
楽器メーカーの「ヤマハ」の家具・住宅設備部門が独立した水まわりメーカートクラスは、「数十年にわたるキッチンライフを、より清潔で快適に、楽しいものにしたい」をコンセプトに、長い時間使い続けたい洗練されたデザインと性能美が魅力です。日本で初めて人工大理石のシステムキッチンを発売したことでも有名です。
トクラスと言えば、人工大理石のキッチンカウンターが一番の特徴ですが、扉も多数のカラーから選ぶことができます。大きくはBbとBerryの2商品ブランドを展開しています。

商品ブランド:Berry (ベリー) 商品グレード:中高級~高級

「毎日使い続ける、使いやすさや居心地のよいキッチン」がコンセプトです。Berryは人工大理石のカウンターとシンクが一番の特徴ですが、キッチン扉もグレードの高い天然木突板の鏡面・艶消しが選べるだけではなく、塗装仕上げの種類が114種類と豊富です。特に「シャインカラー」は日本の伝統色(一色一色に“紅”“撫子色(なでしこいろ)”“利休白茶(りきゅうしらちゃ”といった色名があります)を揃えており、キッチン扉と色選びツールがグッドデザイン賞を受賞しました。スタンダードな化粧シートタイプもあり、鏡面・艶消しを選ぶことができます。取っ手は6種類です。

商品ブランド:Bb(ビービー)商品グレード:普通~中高級

トクラスのスタンダードなキッチンです。スタンダードなタイプにもかかわらず、人工大理石のカウンターやシンクも選択できる(ベリーと比べると選べる種類が少ない)点が特長です。扉は化粧シートタイプ、木目調、鏡面・艶消しなど33色で、取っ手は2種類から選べます。

ブランド:クリナップ

キッチンメーカー老舗ブランドのクリナップは今のステンレスキッチンのパイオニアです。日本で一番売れたシステムキッチン「クリンレディ」(現ステディア)を販売していました。機能性やステンレスボディの耐久の高さ等が魅力です。扉もステンレスタイプがあります。

商品ブランド:CENTRO(セントロ) 商品グレード:高級

ステンレスのボディで、直線と平面で構成されたスタリッシュなキューブデザインです。扉は40色、取っ手は5種類から選ぶことができます。キッチン扉での特色の一つはステンレスの扉です。見る場所によって柄と質感が異なって見える虎目石(タイガーアイ)をイメージしています。インテリア次第でジャポニズムにも洋風にも馴染みそうな京友禅調の手塗り扉や天然突板の扉もあり、グレードの高い扉が選択可能です。

商品ブランド:STEDIA(ステディア) 商品グレード:中高級~高級

ここ2~3年テレビCMでおなじみのキッチンになりました。元々「クリンレディ」から受け継いだステンレスボディ・流レールシンク等の機能性や耐久性が高いキッチンというだけではなく、中高級グレードのキッチンの中では一番多い49色の扉から選ぶことができます。49色の扉と10タイプの取っ手から選ぶことができます。スタンダードでありながら個性的な面もあり、例えば「框組の扉」と「アーチシルバーの取っ手」の組み合わせや「艶消しの扉」に「ネコアシアンティークの取っ手」などコーディネートの幅が広がるキッチンです。

商品ブランド:rakuera(ラクエラ) 商品グレード:普通

「キッチンからはじまるインテリアコーディネート」をコンセプトにしたキッチンです。
2段引き出しタイプ(中高級グレードは3段引き出しタイプが標準)ですが、キッチンの基本性能は満たしている商品です。BXゆとりフォームでは5年以上一番売れている商品となっています。
化粧シートタイプの扉で、木目調、鏡面、艶消しタイプ等が30色で、取っ手は2種類から選べます。

商品グレード毎の特色

3社のキッチンメーカーについて扉のカラー等を一覧表にまとめました。

商品グレード リクシル トクラス クリナップ
扉種類 取っ手 扉種類 取っ手 扉種類 取っ手
高級 リシェルSi ベリー セントロ 天然木
特殊仕上げ等豊富
53色 16種 114色
+α
6種 40色 5種
中高級 アレスタ ステディア シート中心
高級グレードは一部
46色 11種 Bb 49色 10種
普通 シエラS 33色 2種 ラクエラ シート中心
27色 2種 30色 5種

2021年12月

商品グレードが高いものは、良い材質のものが揃っていました。扉にもメーカーの特色や思想があると考えられます。

キッチン扉選びで重要なこと

どのキッチンメーカーのカタログにも記載していますが、扉カラーは照明によって色調が変化します。
その為、BXゆとりフォームではメーカーのショールームで確認していただくことをおすすめしています。しっかりと自分の目で見て触って確認してください。そして、体験だけではなく、ショールームのアドバイザーの意見を聞きながら検討することで、スムーズに自分の好みの扉を探すことができます。
リフォームは、同じ場所を何度も繰り返し実施はしないので、実際に見て触れてみて決めていただきたいと考えます。

※天然木を使用している場合は、自然素材特有の色のバラつきや節など一枚一枚柄が異なることがあります。

理想にあったキッチン扉を見つけよう!

最初にも記載しましたが、扉は実際に使っている時より少し離れて見た時に気になる、キッチン全体の印象が決まる大切な要素です。家具の一つとして考え、ダイニングの家具や壁や床とあわせてコーディネートすると空間に一体感が出ます。お洒落で洗練された空間にしたり、親しみやすく家族が集まることを意識した空間にしたりとご自身の好みを反映できます。
また、デザイン以外にも汚れがつきにくい加工がしてあるものや耐久性に優れた機能を持ったものを選ぶこともできます。
今回紹介した商品グレード別にみると、高級グレードのキッチンは、キッチン扉の種類も豊富なので扉中心にキッチンを選ぶのであれば、高級グレードのキッチンを中心に選択することをおすすめします。
また、商品改廃によって、扉カラーが廃番になってしまいお好みの色を選べなくなる場合もあるので、その点は注意が必要です。
BXゆとりフォームでは、お客様のお好みに合った扉のご提案とともに、お見積りの際にショールームの同行等も行っていますので、ぜひお声掛けください。

キッチンの交換・リフォームの無料見積りは
  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム