リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

当社リフォームアドバイザーと一緒にショールームへ行こう!キャンペーンを1月15日~3月15日で開催。ショールーム見学をして対象商品をお得に手に入れよう!
キッチン・台所のリフォーム・交換 コラム 23
暮らしの中のキッチン
ペニンシュラ型キッチンのメリットは?間取りや特徴、リフォーム事例を紹介 近年流行の兆しを見せているペニンシュラ型キッチンの間取りなど特徴やメリットについて紹介します。リフォーム費用についても、実際のリフォーム事例と併せて紹介します。 お見積り・お問合せはこちら

かつてキッチンは、ダイニングの隣に独立して配置されており、壁に向かって作業するのが一般的でした。しかし、現在は調理をしながらリビングダイニングを見渡せるオープンキッチンスタイル・対面タイプが人気です。時代の流れとともに、キッチンの在り方は居住空間の端から中心へと変化してきました。
そんなオープンキッチンスタイルの中で、近年流行の兆しを見せているのがペニンシュラ型キッチンです。どのようなキッチンで、リフォームするにはどれほどの費用がかかるのでしょうか?具体的なメリット・デメリットと、BXゆとりフォームが手掛けた実際のリフォーム事例を併せてご紹介します。

キッチンのリフォームを考えたとき、開放的でおしゃれなオープンキッチンに憧れるという方も多いのではないでしょうか。オープンキッチンはとても魅力的ですが、「におい、油はねは大丈夫?」「ダイニングから生活感が見えてしまわない?」といった心配なポイントもあります。
そこで本記事では、オープンキッチンのメリット・デメリットとともに、デメリット対策を解説します。また、リフォームをする際のポイントや、実際の施工事例もご紹介します。

※費用・工期・工事内容は、付帯工事や建物の状態、リフォーム時期によって異なります。現地調査の上、お見積りにてご提示します。

オープンキッチンスタイル・対面タイプのキッチンの種類

オープンキッチンとは、ダイニングやリビングとのあいだに壁や仕切りがないキッチンのことで、広々とした開放感が魅力です。また、オープンキッチンのうち、カウンター付の腰壁や吊戸棚があるもの、キッチン内のスペースが食器棚などで仕切られているものは、「セミオープンキッチン」と呼ばれています。その中でキッチンに立つと部屋にいる家族やゲストと向き合う形になるのが、対面タイプのキッチンです。レイアウトは、I型・L型・アイランド型・ペニンシュラ型・2列型といった型から選ぶことができます。

アイランド型キッチンとは

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・アイランド型キッチン 出典:クリナップ

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・アイランド型キッチン
出典:クリナップ

アイランド型キッチンとは、キッチン本体が壁に接しておらず、独立しているレイアウトです。海に浮かんだ島のように見えるため、アイランド(=島)型と呼ばれています。

ペニンシュラ型キッチンとは

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチン 出典:クリナップ

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチン
出典:クリナップ

ペニンシュラ型キッチンとは、キッチン本体の一部が壁に接しているレイアウトです。キッチンカウンターが半島のように突き出して見えるため、ペニンシュラ(=半島)型と呼ばれています。

オープンキッチンスタイルというとアイランド型キッチンのイメージがあるかもしれませんが、設置するには広いスペースが必要となるため、近年では間取りの制約が少ないペニンシュラ型キッチンを選ぶ人が増えています。

ペニンシュラ型キッチンのメリット

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチン 出典:クリナップ

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチン
出典:クリナップ

オープンキッチンタイプならではの開放感を感じられるペニンシュラ型キッチン。近年人気が高まっているペニンシュラ型キッチンのメリットはどのようなものなのでしょうか。

ダイニングやリビングとの一体感がある

壁に向かって作業をする壁付けキッチンと違い、オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチンは目の前に壁がなく、圧迫感がありません。デザインに統一感を持たせることでダイニングやリビングとの一体感や、開放感を味わうことができます。

コミュニケーションがとりやすい

ダイニングやリビングに面しているペニンシュラ型キッチンは、家族とコミュニケーションをとりやすい点もメリットです。調理をしながら会話を楽しめるほか、ちょっとした用事や手伝いを頼むことも容易です。
また、小さなお子様やご高齢者などがいるご家庭では、常に目を配っていられるという安心感もあります。

間取りの制約が少なく、レイアウトの柔軟性が高い

ペニンシュラ型キッチンは、アイランド型キッチンのように通路をキッチンの周りに360°の確保する必要がないため、間取りの制約が少なく、自由度の高いレイアウトが可能です。ダイニングやリビングとつながっているため、空間全体をデザインできる点も魅力です。広めのカウンターに椅子を並べて、カフェ気分を味わったり、見せる収納を考えたりと、センスを活かしておしゃれな空間を作ることができます。

配膳や後片付けが楽

ペニンシュラ型キッチンは、カウンターを挟んで目の前がダイニングになるので、テーブルまでの移動距離が近く、食事の配膳や後片付けが楽です。お子様に、カウンター越しに食器類を受け渡すお手伝いもお願いできそうです。

ペニンシュラ型キッチンのデメリット

一般的にいわれているキッチンの耐用年数は、水栓・ガスコンロ・レンジフードなどの設備機器が10年、キッチン本体が20年です。生涯で何度も買い替えるようなものではありません。ペニンシュラ型キッチンへのリフォームを考えていらっしゃる方は、下記でご紹介するデメリットを参考に、慎重にご検討ください。

目隠しがなく、まる見え

ペニンシュラ型キッチンは、リビングやダイニングとのあいだに間仕切り壁がなく、カウンターの上はいつでも丸見えになります。置きっぱなしの調理道具や調味料などはもちろん、調理をしている手元の様子もすべて人目にふれます。気になる方は、カウンターより少し高い腰壁やパネルを目隠し代わりに設置することをおすすめします。

収納が少ない

キッチン上部がオープンスペースであることが魅力のペニンシュラ型キッチンは、その開放感を実現するために、吊戸棚を設置しないケースが多いため問題になるのが収納スペースの確保です。その場合「あらかじめ壁面に広めの収納を設置する」「キッチンの近くにパントリーを設ける」といった対策が求められます。

においや煙、油はね・水はねが広がりやすい

ペニンシュラ型キッチンのように仕切りや壁のないオープンキッチンは、調理中のにおいや煙が広がりやすいのが難点です。ダイニングやリビングまでにおいが届いてしまうだけでなく、さらに煙に混じった油分などが壁や床に染みつくと、拭き掃除をしてもなかなか落ちません。汚れが落ちやすく、においのつきにくい壁紙に張り替えるなどの対策が必要です。
また、カウンターの前方に壁がないため、コンロからの油はねやシンクからの水はねも起こります。カウンターを越えて床や壁を汚してしまうと掃除が大変なので、オイルガードや水はねガードの設置をおすすめします。

ペニンシュラ型キッチンのリフォーム費用の目安

ペニンシュラ型キッチンへリフォームする際の費用の目安は、下記のとおりです。周辺工事費には給排水管工事や電気系統工事などが入ります。同じオープンタイプでも、アイランド型キッチンの本体価格は100万~200万円と、ペニンシュラ型キッチンよりもやや高額です。これは、本体が壁から離れて独立しており、すべての側面に化粧板を貼ってきれいに見せる必要があるためです。
また、ペニンシュラ型キッチンのリフォームの工期は、一般的に3~7日間となることが多いです。

■ペニンシュラ型キッチンの主なリフォーム費用の目安

項目 費用
キッチンの本体価格 80万円~
キッチンの設置費・解体費用 20万円~
周辺工事費 15万円~
※費用は、付帯工事や建物の状態、リフォーム時期によって異なります。BXゆとりフォームにて施工する場合は、現地調査の上、お見積りにて費用をご提示します。

ペニンシュラ型キッチンにリフォームする際のポイント

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチン 出典:クリナップ

オープンキッチンスタイル・対面タイプ・ペニンシュラ型キッチン
出典:クリナップ

ペニンシュラ型キッチンを導入する際には、どのようなところに気をつけたら良いのでしょうか。意識するべきポイントをご説明します。

キッチンの高さ

キッチンを購入する前にまず調べなければならないのが、自分に合ったキッチンの高さです。ワークトップの高さは、「80cm」「85cm」「90cm」の3種類(一部「95cm」もあり)で、これはJIS(日本工業規格)により、各メーカー共通で決められているサイズです。ほとんどが5cm刻みですが、メーカーによっては2.5cm刻みで選べる商品もあります。ここから、自分に適した高さを選ぶ必要があります。
その際に使われる計算式は「身長÷2+5cm」。メインでキッチンを利用する人の身長が160cmだった場合は「160÷2+5cm」となり、85cmが最適です。

そしてもうひとつ、調理や洗い物をする際の腕の角度を考慮した「ひじ高-10cm」という計算式も存在します。これは主に海外で使われていましたが、近年は国内でも「実際の動きに合っている」と注目されるようになりました。
高さの合わないワークトップで作業を続けると、身体に負担がかかります。高すぎると肩に、低すぎると腰に痛みなどの症状が起こりやすくなります。2つの計算式や現在お使いのキッチンを参考に、最適な高さをお選びください。

換気システムを導入する

ペニンシュラ型キッチンには、においや煙が広がりやすいというデメリットがあります。そのため、キッチンの周りに換気システムを導入し、給気と排気の流れをしっかりと確保することが大切です。
2003年以降に建てられた住宅には「24時間換気」の設置が義務付けられているため、基本的な換気システムは問題ありません。そこに、におい・煙対策としてパワフルなレンジフードを導入すると、給気と排気のバランスが崩れ、気圧差でドアが開かなくなったり、酸素不足に陥ったりする可能性もあります。自宅のキッチンの換気についてリフォームの際に不安を感じたら、リフォーム専門会社にご相談することをおすすめします。

ゴミ箱のスペースを確保する

ペニンシュラ型キッチンの設置にあたり悩ましいのが、ゴミ箱のスペースです。ダイニング側からゴミ箱が見えてしまっては、オープンキッチン最大の魅力である開放感が台無しです。
そこで、あらかじめ使用したいゴミ箱の寸法を測っておき、キッチン下部や壁側の収納などにゴミ箱専用のスペースを確保しておくとすっきりみえます。ゴミ箱は、お住まいの地域の分別方法に合わせて使いやすいものを選ぶことをおすすめします。

小さいお子様がいる家庭は安全対策も必要

包丁やポット、ガスコンロなど、キッチンには小さなお子様にとって危険な道具がいっぱいあります。入り口の狭いクローズド(独立型)タイプのキッチンなら、市販のベビーゲートで進入を防ぐことができますが、オープンタイプのペニンシュラ型キッチンでは厳しいかもしれません。とはいえ、調理をしながら常にお子様に目を配るのは至難の業です。
簡単にできる対策としては、「ガスコンロではなくIHクッキングヒーターを導入する」「収納棚に鍵をつける」「お子様の手が届かない場所に収納スペースを作る」といったことが挙げられます。また、オーダーメイドでキッチンのサイズに合う間仕切りを作り、幼少期だけ取り付けるようにしてみるという方法もあります。

ペニンシュラ型キッチンの施工事例

キッチンのリフォームを考えるきっかけは、実にさまざまです。BXゆとりフォームをご利用くださったお客様は、どのようなお悩みを抱えてペニンシュラ型キッチンへのリフォームを決意されたのか、3つの施工事例をご紹介します。

【施工事例1】家族みんなが気軽に料理をしたくなるキッチン
Before

After

汚れたフローリングを張り替えるタイミングで、クローズド(独立型)キッチンをペニンシュラ型キッチンにリフォームしました。キッチンとダイニングを分けていた間仕切り壁を撤去して、重厚感のあるシステムキッチンを手前に設置。天井部分に奥行きが生まれ、広く開放的なダイニングキッチン空間が実現しました。
オープンキッチンにしたことで家族の誰もが気軽に料理をするようになったと、お客様からも大好評。また、吊戸棚をなくしたことで高い位置から食器を落とす危険性が減り、人に優しいキッチンになったと、うれしいご感想もいただきました。

施工箇所:キッチン、床張り替え、間仕切り
機器類:キッチン/YAMAHA(現トクラス)キッチン、キッチン(一部)石貼り/LIXIL(INAX) ストーンモザイコテッセラ、フローリング/パナソニック オーマイティフロア 3Aシグノ
費用:総額400万円
施工期間:6日間

施工事例の詳細は、こちらからご覧いただけます。
[キッチン] 施工事例 - 08天板を人造大理石、壁面を天然石のシステムキッチンに!

【施工事例2】椅子を置けば食卓にもなる広々としたカウンター
Before
After

20年使い続けたキッチンに不具合が出たため、最初で最後のリフォームとしてご依頼いただきました。お客様自ら情報収集やショールームに足を運びお選びになったのは、存在感のある色のペニンシュラ型キッチン。セラミックトップのカウンターは頑丈で傷がつきにくく、椅子を置けば食事をすることもできます。吊戸棚は置かず、代わりに大型のカップボードを壁面に設置しました。食器や家電をすべてここに収納することで、キッチン全体を常に美しく保てるようになりました。

施工箇所:キッチン、内装
機器類:キッチン/LIXIL リシェル
費用:総額300万円
施工期間:5日間

施工事例の詳細は、こちらからご覧いただけます。
[キッチン] 施工事例 - 09最初で最後のキッチンリフォームは、こだわりのセラミックトップへ

【施工事例3】キッチンと洋室の壁を撤去して広々としたLDKに
After

「転居先のキッチンをもっと快適にしたい」というご要望をいただきました。元々は壁に囲まれたクローズド(独立)キッチンと洋室2部屋でしたが、間仕切り壁を撤去して、1つのLDKにリフォームしました。間仕切り壁部分に通っていた配線は、新たな配線計画のもとにすべて移動し、ペニンシュラ型キッチンを設置。リビングとキッチンの梁下にはダウンライトを埋め込むスペースがなかったため、代案で薄型のLEDライトを採用し明るさを確保しています。コストを抑えながらも、お客様のこだわりが詰まったキッチンに仕上がりました。

施工箇所:キッチン、ユニットバス、洗面化粧台、間取り変更、壁紙、畳、ふすま、フローリング
機器類:キッチン/LIXIL リシェルSI
施工期間:約1ヵ月(リビングのリフォームを含む)

施工事例の詳細は、こちらからご覧いただけます。
[キッチン] 施工事例 - 10間仕切り壁を撤去して理想のオープンキッチンへ

※費用は、付帯工事や建物の状態、リフォーム時期によって異なります。BXゆとりフォームにて施工する場合は、現地調査の上、お見積りにて費用をご提示します。

リフォームで叶える、家族みんなが笑顔になれる理想のキッチン

キッチンには、ペニンシュラ型キッチンのほかにも「アイランド型キッチン」「Ⅱ(セパレート)型キッチン」「L型キッチン」「I型キッチン」など、さまざまな型があります。
リフォームをする際は、LDKの間取りや、ご家族のご希望など、さまざまな条件を加味しながら検討することが必要です。キッチン選びに迷われたときは、BXゆとりフォームにご相談ください。経験豊かなリフォームアドバイザーが、理想のキッチンづくりのお手伝いをいたします。

コラム監修

BXゆとり編集部
BXゆとり編集部
BXゆとりフォーム社員がリフォームに関する情報を発信しています。
リフォームの知識や費用など、お役に立つ情報をご紹介。
公式Instagramでは施工事例やショールーム紹介、公式FacebookやTwitterはキャンペーンの情報更新、youtubeのチャンネル運営も行っています。
キッチンの交換・リフォームの無料見積りは
  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
  • 素早く対応いたします

    16時までのお電話で60分以内にお宅訪問も可能!お客様の「困った」 「どうしよう」に、経験豊富なリフォームアドバイザーがお応えします。※混雑状況によってはご希望の時間帯にお伺いできない場合がございます。ご了承ください。

  • コミュニケーションを大切にします

    私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、気持ちよくお付き合いいただける間柄を目指します。
    親身になってよく考え、感動のリフォームをご提供いたします。

お問合せ
ページトップへ
お見積りのご依頼はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム