リフォームなら安心・信頼・
実績のBXゆとりフォームに
お任せください。

TOCLAS スッキリおしゃれにリフォーム 浴室・キッチン 2022年4月1日〜7月31日ご成約分まで
キッチン・台所のリフォーム・交換 コラム 19
暮らしの中のキッチン
キッチンカップボード(食器棚)のリフォーム・費用について 使い勝手のよいカップボードとはどのようなものか紹介していきます。 お見積り・お問合せはこちら

キッチンリフォームと一緒に考えたいのはカップボード(食器棚)の設置です。
キッチンリフォームをする時に、システムキッチン本体と一緒にカップボードをリフォームすると統一感がでるため、同時にリフォームを実施したいとご希望される方が多くいらっしゃいます。
主に料理をするキッチンでは、使い勝手と収納量が大きなポイントで、「使い勝手が良く、キッチンがスッキリ見える棚はどういうものかな?」「今より収納量を増やしたい!」といった声をお聴きします。
こちらでは、使い勝手のよいカップボードとはどのようなもの、費用とあわせて紹介していきます。

キッチンとカップボード

カップボードの種別

カップボードは、大きく分けて造り付けタイプと据置タイプになります。

造り付けタイプ

システムキッチンメーカーのセミオーダーでつくられるものと、家具メーカーのオーダーメイドでつくられるものがあります。基本はお客様のオーダー(注文)によって制作されますので、キッチン全体の統一感、一体感があるキッチンリフォームができます。また、設置場所に合わせてサイズを指定できるため天井や壁に隙間ができることなく仕上がります。
調理家電の収納、奥行きに合わせて収納出来る引き出しタイプ、ストック品の収納や、ゴミ箱の設置など自分の生活スタイルに合わせてオーダーメイド出来るのが魅力です。

据置タイプ

家具メーカーが販売しているカップボードは据置タイプです。一般量販店、家具屋、百貨店等でも取り扱っている商品です。造り付けタイプと比較すると設置は簡単で、安価であることが多く、また引越しの際に持っていけるのも大きなメリットです。

機能別でみるカップボードの種類

収納の仕方によっていくつか種類があります。

開き戸・引出しタイプ

全面的な収納タイプで上段・中段は開き扉、下段は引き出しとなっています。収納量が一番多いタイプです。

    
開き戸・引出しタイプ例
トクラス/Berryフルセットストッカー

スライド扉タイプ

食器が全面収納できる収納量が多いタイプで、引き戸のため開けた状態で作業をしても動線の邪魔にならないのがポイントです。収納物の出し入れがスムーズなので、調理の際も便利です。
現在は半透明のガラス扉のタイプが多くなりました。半透明のガラス扉のメリットは、どこにどの食器が収納されているかわかること、半透明なので空間の圧迫感が和らぐことです。

    
スライド扉タイプ例
トクラス/Berryスライドストッカー

家電設置タイプ

扉があると家電は使いづらいので、前にスライドできる棚を設置しているものが多くあります。炊飯時に蒸気が出る炊飯器も、収納した状態から棚をスライドするだけで、使用できるので便利です。

カウンタータイプ

カウンターが付いているので、お皿を置いたり作業をしたりキッチンの補助的な役割として使えます。他のタイプに比べ収納量は減りますが、作業効率は上がります。また調理家電を置くことも可能です。 セパレートタイプの場合は、カウンター側の壁面は別途壁紙等で仕上げる必要があるので注意が必要です。

    
カウンタータイプ例
トクラス/Berry家電ストッカー+カウンタータイプ

造り付けタイプのカップボードのメリット

長年使っているキッチンでは、食器なども多くなり使い勝手も変わってきます。キッチンリフォームをするのであれば、カップボードも使い勝手のよい、収納量のあるものにリフォームしたいと考える方が多いです。食器以外にも電子レンジ・炊飯器など調理家電の配置も考える以外にもパン焼き機やフードプロセッサー等、普段使っているものはしっかりと配置できるようにオーダーすることをおすすめします。 オーダーのカップボードは、例えば、「見えない収納がいい」「引き出し式の収納がもっと欲しい」「食器の収納より食品の収納場所を増やしたい」「小さい子供がさわれないところに高級な食器は収納したい」または「子供にお手伝いして欲しいから、子供の手の届くところに普段使いの食器は収納したい」など、使い手それぞれのご希望にあった仕様にすることができます。
また造り付けタイプは、固定されていて倒れにくいので耐震性に優れているというメリットもあります。

カップボードの費用について

リフォームの際のカップボードの設置費用は、システムキッチンの家具部分等と同価格帯となっていることが多いです。また、システムキッチンの扉グレードが上がれば、同様にカップボードのグレードも上がるため価格も上がります。
例として、BXゆとりフォームで取り扱いのあるトクラス/ Bbのカップボードの価格は、幅1,800mmのカウンタータイプで16万円前後~となります。(2022年6月現在)
設置費用に関しては、設置場所の状態やカップボードの大きさ、他工事との絡みによって変わってきます。またカウンターの背面は壁紙張替え等も必要になってきます。

    
カップボード例
トクラス/Bb ハイカウンタータイプ 家電収納+フルセット

カップボードの工事のタイミングは?

キッチンリフォームと同時にご検討いただくことをおすすめします。 キッチン空間全体のコーディネートもしやすくなりますし、食器や家具の移動もキッチンリフォームと同時なら負担が軽減できます。

BXゆとりフォームでの実際のカップボードの施工事例

弊社の施工事例になります。キッチン全体のリフォームをしていてカップボードを設置する・しないという選択ではなく、キッチン空間そのものを見直す事が多くあります。ここでは幾つかの事例を紹介ます。

一般的に広く行われるキッチンとカップボードの組み合わせ

カップボード写真1

キッチンとカップボードは同じ面材を使い、一体感のある空間が出来上がりました。 また、LDK全体とも調和したキッチン空間となっています。一般的に広く行われるキッチンとカップボードの組み合わせです。
※[フルリフォーム(全面改装)] 施工事例 - 40 世代がつながる快適空間(全面改装)より抜粋

カップボードと同様の収納量 開放感のあるオープンキッチンへ

カップボード写真2

キッチンだけのリフォーム、カップボードだけのリフォームではなく、一緒にリフォームをしてキッチン全体がさらに使いやすく生まれ変わった事例です。 リフォーム前のカップボードの場所に、IHクッキングヒーターやオーブンなどの調理器具を配置し、動きに無駄のないワークトライアングルが出来ています。 既存のカップボードにしまってあった食器は、天井まである吊り戸棚を設置し、カップボードと同様の収納量を確保しています。
※[キッチン] 施工事例 - 09 吊り戸棚を撤去し、開放感のあるオープンキッチンに! より抜粋

カップボードと同様の収納量 開放感のあるオープンキッチンへ2

カップボード事例写真3

カップボードは、空間的に目立つ場所にある場合、圧迫感が生じる事があります。元々はダイニングから見ると、吊り戸棚で圧迫感のあったキッチンでしたが、吊り戸棚部分を撤去して、オープンキッチンへリフォームしました事例です。扉の一部を半透明にすることで圧迫感を無くしています。吊戸棚を撤去してスペースとしては、少なくなった収納部分ですが、家電収納タイプのカップボードを採用して、家電や食器を全て収納しています。キッチンとカップボードを一緒にリフォームすることにより、収納もしっかり確保し、開放的なキッチン空間となっています。
※[キッチン] 施工事例 - 09 最初で最後のキッチンリフォームは、こだわりのセラミックトップへより抜粋  

L型キッチンからI型キッチンに変更の際、カップボードも一緒にリフォーム

カップボード事例写真4

L型キッチンからI型キッチンに変更の際、カップボードも一緒にリフォームした事例です。カップボードとダイニングの間にキッチン家電の高さに合わせて調整した袖壁を設置することにより、ダイニング側からはスッキリ見えます。収納量は減っていますがその分空間として広々としています。
※[キッチン] 施工事例 - 18家の中で1番好きな場所!居心地のいいダイニングキッチンより抜粋  

キッチンリフォームと一緒にリフォームしたいカップボード

施工事例でも紹介したように、キッチンと一緒にカップボードもリフォームすると、キッチン空間全体でコーディネートすることができます。 また、ご要望や使い勝手を伺いながらプランを決めていきますので、お客様ご自身にあったカップボードが作れます。 特にリビングダイニングからカップボードが見える間取りの場合は、おすすめです。

キッチンの交換・リフォームの無料見積りは
  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
顧客満足度100%を目指して

BXゆとりフォームは、お客様に安心してリフォームをご依頼いただけるよう、お客様アンケートのご回答をサービスに活かしてまいりました。
高評価に慢心することなく、今後とも顧客満足度100%を目指して、感動のリフォームをご提供してまいります。

  • 思いに向き合う
    顧客対応

    リフォームに不安はつきもの。お客様目線で真摯にご対応いたします。

  • ベストプランの
    ご提案

    伺ったご要望のさらに先を読み、ご満足いただけるプランを模索します。

  • 施工職人の
    マナー徹底

    施工中も気持ちよく見守っていただけるよう、マナーを徹底しております。

  • わかりやすく
    ご説明します

    専門用語の多いリフォーム業界。わかりやすく丁寧にご説明いたします。

※10万通以上のお客様アンケート結果より

BXゆとりフォームからのお約束
  • 素早く対応いたします

    16時までのお電話で60分以内にお宅訪問も可能!お客様の「困った」 「どうしよう」に、経験豊富なリフォームアドバイザーがお応えします。※混雑状況によってはご希望の時間帯にお伺いできない場合がございます。ご了承ください。

  • コミュニケーションを大切にします

    私たちは、お客様とのコミュニケーションを大切にし、気持ちよくお付き合いいただける間柄を目指します。
    親身になってよく考え、感動のリフォームをご提供いたします。

お問合せ
ページトップへ
お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら
気軽にお問合せください。 ※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんので
ご安心ください。

  • 16時までのお電話で60分以内のお伺いも可能!通話無料 0120-177-365
  • 24時間受付中!その後のやりとりがスムーズです。入力は簡単3分!お見積り・お問合せフォーム
  • リフォームメニュー
  • 施工事例
  • メール
  • 通話無料